スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
メッカ巡礼2
メッカ巡礼の続きです。

1月18日夜、義父母が帰ってきました。
カイセリ空港は、メッカ巡礼を終えた人と、迎えに来た家族でごった返していたそうです。

私は、おぶるが亡くなって死人状態だったので、連れて行ってもらえませんでした。

じゃぁ、義父母の家で待ってるかな。
と思ったけれど、おっとちゃんが
「お祝いに来る人で家もごった返してるよ。それにヨメは異教徒やし、そのことでぶちぶち言う奴が出てくるから、行かんでええよ。」と言われました。
ま、行っても行かなくても、悪口言われるだろうし、なら、家で待ってることにしました。

案の定、「メッカ巡礼おめでとう。」と言うために、100人以上の親族全員、隣近所の人たちも義父母の家に来ていたそうです。

**********************

お祝いに訪れる訪問者の数が落ち着いてから、義父母の家に行きました。
4人でご飯を食べた後、メッカの聖水をいただきました。
聖人(名前忘れました。)が踵で砂漠の砂を蹴ったところ水が湧き出て、砂漠の民の喉を潤し、病人は完治したと言われています。
飲んでみて、甘い。
思いっきり硬水です。とろみも若干ありました。

メッカ巡礼をした人に対して、お祝いに伺う人はお祝いの品を上げなければならず、日本で買った、棒針セットとベルトを渡すことにしました。

お祝い返しとして、毛布、アラブテイスト一杯の洋服、淡水パール、銀の器、お祈りする時に使うマットを貰いました。

夕食の後はメッカの話。
色んな人種がいて、特に黒人の巡礼者に驚いた。とは舅が言ってました。
隣の町のネヴシェヒルより遠くは行ったことのない舅にとって黒人は(゚∀゚)だったのでしょう。
カッパドキアには、黒人はいませんから。

姑は一回り小さくなって、激やせ。
有酸素運動をたっぷりしましたから。
インド系の人が、手でご飯を食べる姿に異常にビックリしたといっていました。
あと、メッカはゴミだらけで汚かった。もっと綺麗でゴミ一つないところをイメージしてたのに・・・。(´・ω・`)
アラブの人たちはご飯を食べた後、そのまま投げ捨てるからビックリした。
聖地なのに・・・。(`・ω・´) と怒っていました。

シンガポールから来たという巡礼者の人たちがずっと義父母とともに行動をしてくれて、困った時は直ぐに助けてくれたそうです。
「やっぱり、東洋人っていいわねぇ~。心の温かさが違うよ。」と姑が言っていて、同じ東洋人としてちょっと嬉しくなりました。

その後、メッカの写真を見せてもらいました。
巡礼中にカメラ持参なんてダメなので、メッカ周辺で売られていた印刷物です。
「3D]と書いてあるんですけれど、小さいオペラグラスにフィルムをはさんで光を当てて、手動で回しながら見るものでした。
覗くと、ああ、なるほどびみょ~に3Dだわ。

メッカ巡礼を無事に果たし、これからは「ハッジ」という敬称が付きます。
ハッジ**さん。という感じです。
人によっては「ハジ」「ハジュ」と言う人もいます。

男性はひげを伸ばし、白い帽子を被らなければなりません。
舅はメッカ巡礼前からひげを伸ばし始めたので、今はとってもいい感じです。
女性は、白いスカーフを身に付けないとダメだとか。
姑はハッジ用のスカーフは家事をする際、とっても邪魔なので、今まで通りのスカーフです。
出かけるときやお呼ばれに行く時に、白いスカーフをします。

舅は、メッカで高熱を出した時、「このままメッカで死にたい。」と祈ったそうです。
敬虔な信者なら、どんな宗教でもそう考えるかもしれません。
でも、残念ながら舅はこの世でやる事が残っているようです。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/04/15 20:12 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(2) | トラックバック(0) |
こっそり更新
こっそり更新・・・。

今は日本某所にいます。

ご飯がおいしい。

いっぱい食べて、すっかり肥大化してしまいました。

ジーンズが・・・ピッチピチ!!!

おっとちゃんからは

「シシコ(=ブタとか、デブの意)」「トンブー(=シシコよりはましな言い方。でも、デブに変わりなし)」

と言われています。

でも、ダイエットなんてやってらんねーっす。

トルコでは炭水化物をほとんど取らない食生活だったので、

自然と「ローカーボ・ダイエット」になってました。

日本着たら、炭水化物と油ばかり摂ってます。

おかげで、8Kgぶーちゃんになりました。

ローカーボダイエットしている方、気をつけてね。

でも、

でも・・・。

ごはん

おいしすぎ!!

もうちょっと肥大化するかも。

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/11/10 20:18 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(7) | トラックバック(0) |
病院へ行ってきた
木曜日、病院へ行ってきた。
隣町のネヴシェヒルまで。
1日がかりで疲れた。
折角ネヴシェヒルまで来たのに、断食中でお昼も飲み物も取らずだったので、帰りは脱水症状で頭が割れるように痛かった。

留学生さんが暇をもてあましていたし、トルコの病院がどんなとこなのか見たい。と言ってきたので、ホストファミリーの子と4人で行くことにした。
オットちゃんとだけなら、ジュースくらいは飲めたのやろうけど、留学生さんと同行人のかたは真面目に断食をやってるので、無理だった。

生まれて初めてCTスキャンというのを体験。
耳鼻科の先生の鼻毛が出ていたのが妙に気になって、「言うべきか、言わざるべきか。」と悩む。
鼻の中をよく見ようと思いっきり穴を広げるので、涙がちょちょ切れる。
結果が出るまで2時間半かかるといわれ、近くのショッピングセンターをぶらぶら。留学生さんは、トルコ音楽のCDを5枚ほど購入。
ホクホクしてた。

結果は、慢性副鼻腔炎、蓄膿症やった。
鼻を中心に両側とおでこのところに空洞があるけど、そこに膿がたまるやつ。
以前からそれはあったけど、大して酷くも無かったからほったらかしにしていた。普通、鼻の両側に溜まっていくものらしいけど、私の場合、前頭葉に溜まっていたので、先生は、「ストレスか環境の変化がありましたか?」と聞いてきた。「はい。」と答える。
前頭葉にはパンパンに膿が溜まっているらしくて、このまま放っておくと膿が脳を覆っている膜に流れ出し、脳炎になるらしい。
「おおーー。」と他人事のように思った。
「鼻はとても重要な器官で、目、耳、口、脳と密接な関係にあるから、あなどっちゃぁ、いけません。」と言われる。
疲れも手伝って、先生の仰ることがよく解らず、ボーっとしてると、オットちゃんが一生懸命説明してくれた。
鼻血が出るのは、鼻のかみ過ぎで、鼻の血管が切れるから。歯が痛いのは頬にも膿があるから。と言われた。
取り敢えずは薬で膿が出るのを抑えるけど、調子が悪いようなら手術しましょう。と言っていた。

家に帰ってから蓄膿で調べたら、結構沢山の方が悩んでいる病気やった。
脳炎は詳しくは髄膜炎と言われるものみたい。
膿が脳に流れて、サクッと死亡したらええけど、身体障害になったらホント大変。
蓄膿の人ってお口が臭いとあって、ショック!今まで私、くちゃかったんやー。となんかそっちのことばかりが気になる。
事の重大性を把握できないのは、毎度のことか!

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2005/10/29 19:12 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(5) | トラックバック(0) |
老夫婦のこと
すっかり寒くなってしまった。
日差しも弱くなって冬の気配が。
オットちゃんが勤めている建物の2階は老夫婦が住んでいる。
ギリシャの方で時々ギリシャ語で話をしている。
老夫婦にはちょっとした悩みがある。
老夫婦には息子3人がいて、その全員は結婚して近くに住んでいるのだけれど、あんまり遊びに来てくれないみたいなのだ。
老夫婦はもう70歳くらい。冬のストーブ用の薪割りも体力的に辛いらしい。
嫁に来て手伝って欲しい。でも、誰も手伝ってくれない。と言っていた。
土地を渡すまでは、皆優しかったのに・・・と言う。
自分達の土地を広げてきて、その土地を3人の息子に分けるときに、問題が生じたらしい。
末の息子に与えた土地が、ほんの少し小さかった。
2人はお祈りの時に使う絨毯のサイズ(正座して前に手を付いてかがむ姿勢をとるくらいのスペース)くらいの土地の違いでは問題は起こらないやろうと思っていたらしい。
がっ、末っ子は怒り狂ってしまった。
「俺は今まで、兄さんたちの下でなんでも我慢してきたのに。だから土地は多めに貰えて当然と思ってた。」
それから絶縁状態が続いている。
孫が出来たと聞いて、おばあちゃんは会いたくて仕方がない。でも行ったら門前払い。町で顔をあわせても無視。なんだそうだ。
「昔はあんな子供達じゃなかった。嫁にたぶらかされたんだ。」とおばあちゃんは言う。
「何のために一生懸命働いて、息子達の幸せを考えてよかれと思ってしたことなのに。」とおじいさんは言う。
おばあちゃんの「嫁にたぶらかされた。」と言うのはあらら。と思ったけど、男は女によって変わる人いるからなー。ありうる。
そのおばあちゃんとうちの姑は仲が良いらしく、(私は最近知った。)姑は私の自慢話をするのだそうだ。(でも、その一件を姑が聞いてから、自慢話はしなくなった。)
おばあちゃんはいつも、「カイナナ(姑の意味)は優しい?」と聞いてくる。
姑とは問題ナッシングなので、「優しいです。旨くいっています。」と答えるとおばあちゃんは寂しそうになる。
「***ちゃん(姑の名前)もね、ヨメちゃんはホントによくやっている。って言ってる。いいなー。」
こういう相続問題って実際経験したこともないし、テレビのドラマ(火サスとか土曜ワイド)でしか見たことがないから、ついつい他人事のように思ってしまう。
金持ち過ぎても駄目だし、貧乏すぎてもアカンのやなー。

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2005/10/20 18:50 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(4) | トラックバック(0) |
病院へ行く
昨日、やっとのことで病院に連れて行ってもらうことができた。
1人で病院へも行けないのは辛いところ。
今年の1月から完全に鼻が詰まって、臭いも解らなくなってしまってから早10ヶ月。
時たま鼻血や歯が痛かったり、顔が浮腫む。
2ヶ月前に病院に行った時は異常なしと言われ、ビタミン剤をもらったけど、一向によくならなかった。
市立の病院は何時も満員。
受付てもらうまで30分かかった。
ここでは家族も付き添いで来るので、うじゃうじゃ人がいた。
待合室といっても椅子がずらっと並べてあるだけやけど、壊れかけの椅子に座って待つこと30分。
やっと順番が来た。
お医者さんは新しく機材を買った。マイクロスコープというのかな?
細長い金属の先にカメラがあって、別のモニターで見られるやつ。
でも以外に太い。欧米人は鼻の穴が大きいからなぁ。
金属の先に汚れ防止か滑りをよくするのか液体を塗っていたけど、それがピンク色で「トルコやな~。」と妙に感心する。
スコープを入れられたけど、痛かった。
「でんでーいだいでづ。」と日本語で言う。
結果はナザルポリープだった。ポリープなのか。良性やね。
でも、時々鼻血がでたり顔が浮腫むし、長いこと蓄膿症といったら、急に怪訝な顔をされて、「悪性かもしれないんで、X線かCTが必要ですね。」と言われた。
悪性ってなんやろ?
家に着いて早速ウェブで調べる。
鼻ポリープは日本語で鼻茸という。悪性は無いとあって一安心。
でも、鼻血、浮腫み、歯痛、蓄膿症がある場合は癌の可能性がある。とあった。
鼻に癌なんて出来るの?知らんかった。と他人事。手遅れの場合は眼球周りの骨が破壊されて出目になるそうな。
出目ではないし、鼻血、歯痛といっても頻繁じゃないし大丈夫。
最近、うちのブログはホンマ暗いな~。明るい話題見つけんと。

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2005/10/18 17:12 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。