スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
近視矯正手術のこと@術後1日目
半年前までは、牛乳瓶の底の様な分厚い眼鏡をかけていました。
文庫本も10cmは近づけないと読めない、眼鏡無では生きられない。という生活でした。

トルコはイスタンブールで近視矯正手術を受けられると聞き、値段の安さから、そしてなによりも、眼鏡無で見えるという感動が欲しくて、手術を受けることにしました。

過去記事はこちらまたは、カテゴリーからどうぞ

長いことUPしなくてすみません。一番のメインの手術を描き終って安心しまくりました。
それでは、近視矯正手術、手術が終わって1日目。
はじまり、はじまり~。

*****************************

何とか寝られたのだけれど、やっぱり朝早くに目覚めてしまった。
体は疲れているのに、気持ち的にはハイになっていた。

眼を開けようとするけど、やっぱり、黄色いドロドロの目やにがカピカピになって乾ききって、眼の周りにこびりつき、眼が開けられない。
また、両の人差し指を使って強引に目をこじ開ける。

辺りは、完全にもやが掛かっている。

見えない・・・
見えない・・・

頭の中で「見えない」がぐるぐる。

またバスルームに行って、でも、綿棒もパフも使ってしまったから、トイレットペーパーをちぎって目やにを取る。
それでもやっぱりもやがかかり、所々白いスジのようなものも見える。

一気にブルー。

「先生は、今日になったら、ばっちり、はっきり見えるようになるから。と言ってた。でも、見えない。」

なんで?どうして?手術は失敗?

・・・やらなければよかった・・・。( iдi )

と一瞬思った。
けれど、終わってしまったことにガタガタ文句を言っても仕方ない。
自分で決めたことにグジグジ言っても始まらない。

近視矯正手術@何も見えない。


部屋に戻るとおっとちゃんが起きていた。

私の散々な顔を見て、一瞬固まった。

テープの跡は赤く被れ、瞼も赤紫色にバンバンに腫れあがってまさしく「お岩さん」
心配掛けないように、普通に振舞うおっとちゃんにちょっと感動。
あまりにも大丈夫か?とか言われても辛くなるだけだし、笑うことなんてもってのほか。

お腹が空いたから、ホテルの朝食を取りに部屋を出る。

朝食を取るレストランは、外国からの観光客やビジネスマンで多かった。
欧州のカップルの女性が、ずっと私を見ている。
とっても気の毒そうな顔している。
彼女にしたら、「夫に殴られたのかしら?」と思ったのだろう。
私の顔はまさしく、試合が終わって眼が腫れあがったボクサーみたいだったからだ。

朝食を食べ終わって、出かける準備を直ぐにしてから、タクシーで病院へ。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/07/15 06:40 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(7) | トラックバック(0) |
視力矯正手術のこと
ホテルの部屋に帰ってきて一安心。
目が痛い。
しみるような痛み。
真夏の日にサングラスを掛けず、外をウロウロして目が日焼けした状態のような痛み。

病院から貰った目薬は3種類
1.THILOMAXINE
2.DEXA-SINE
3.TEARS NATURALE FREE
近視矯正手術@イスタンブール: 目薬は3種類

特に2番のDEXAが重要かつ、めんどい。
初日は1時間ごと、2、3日目は2時間ごと、4日目~1週間は1日に5回、2週間目~1日に4回、3週間目~1日に3回
点眼する必要がある。

ホテルに着いた時点で1時間以上は経っていたから、さっそくDEXAを点眼。
おっとちゃんが張り切って、「僕が差してあげる~。」と点眼してくれた。
おっとちゃんは携帯のアラーム機能で1時間後にアラームが鳴るようにセットしてくれた。
おっとちゃんはベッドでゴロゴロしていたけど、そのうち寝てしまった。

私も寝ようと思うのだけれど、
とにかく目が痛い。
目の痛さはだんだんと増してくる。
しみるような痛みが熱を持って、ジンジンとする。
涙がボロボロでてくる。
涙が耳の穴に入らないようティッシュでせっせと涙を拭き取る。
横を向いたらフラップがずれそうな気がして、横向きに寝るのを止める。
絶対に目を(瞼や目の周辺)さわらないで。と看護婦さんに言われていたので、目頭をキュッと押さえたい気分をグッと我慢する。
途中、1番のTHILOMAXINEを差す。これは1日に4回、片目2滴点眼必要。
1番のTHILOMAXINEを差すと、痛みが少し和らぐ気がするが、それも直ぐになくなる。
近視矯正手術@イスタンブール: 目が腫れだす

そうこうしているうちに外は真っ暗。
おっとちゃんがむっくりと起きてきて、「お腹が空いた~。ご飯どうする?」
目は痛いけど、確かにお腹は空いた。
ホテルの直ぐ目の前にレストランがあったから、そこで夕食を取る事にした。

おっとちゃんは、私の顔を見る。
「大丈夫?目が腫れてるね・・・。見える?」
「見えるで。せやけど痛いわ。」
私は鏡を見ていなかったので解らなかったけど、この時点で瞼がピンク色になって少し腫れ、目を固定するために粘着力の高いテープを2回貼り付け剥がしたから、しかもゆっくりじゃなくて、バリバリっとはがされたから、テープの後が被れ出してきていた。

レストランではウェイトレスがオイルランプに火をつけてくれたのだけれど、眩しすぎで見られない。
金色の輪が幾重にも幾重にも重なって、視界全体がその金色の輪しか見えないような状態。
しかも、こういった光は目に付き刺さる。まだ蛍光灯の光がまし。いや、自然光が一番まし。
相変わらず涙は止まらない。オイルランプを消してもらった。
涙をせっせと拭きながら、食事する羽目になった。

ホテルに戻り、おっとちゃんはテレビを見る。
テレビは見られるのだけれど、チカチカする。
もう、寝ることにした。
夜、寝るときは、わざわざ起きて目薬をしなくてもいいと看護婦さんが言っていた。
ちょっとだけ寝られた。
でも、真夜中に目が覚める。
けど、大量の涙が乾燥して、瞼がひっついて目が開けられない。
目は触るな。と言われていたけど、これじゃあ仕方ない。と思って両手の人指し指を使い、瞼を上下に引っ張って無理やり目を開ける。
目は相変わらず熱を持ったように、しみるように痛い。
トイレついでに、鏡でチェック。

鏡を見たときは、びっくりした。
目全体に、黄色の粘々の目やにと既に乾燥してカピカピになった目やにが大量にこびりついている。
また、目やにが目に入ったようで、所々白い膜が張って見難い。
「これじゃぁ、あんまりやわ~。」
触るなと言われていたけど、ホテルの備品にあった綿棒で目にこびりついた目やにを取ることにした。
綿棒3本全部使っても綺麗に取れない。
仕方ないのでコットンパフを使う。
毛羽立っていたので、水で湿らせ目を拭いて、何とか綺麗になった。
目が完全に覚めたので、目薬をしたあと、窓からずっと外を見ていた。
「目を早く治そうとして、涙が大量に出るんやな。」と思った。
外を見ているだけではやっぱり退屈。
テレビを見ることにした。
まあ、何とか見られる。
でもそのうち、眉間が痛くなりだしテレビを消して寝ることにした。

おっとちゃんはグースカ大口開けて寝ている。
「もう、私がこんなに辛いっちゅうのに、こいつっあ~。」
と思ったけど、おっとちゃんが来てくれなかったら一人では無理やったな。と思い感謝。

目は痛いけど、何とか寝ることができた。

この後は手術後1日目に続きます。

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/03/02 21:12 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(8) | トラックバック(0) |
視力矯正手術のこと@いよいよ手術
2回目の一番最後に書いた、
「左側のドアが開いて・・・」
という部分、間違っていました。申し訳ないです。
小さな部屋につれられ、直ぐそばのドアを案内嬢が開けてくれて、中に入った。のが正しいです。すみません。

ここから、いよいよ手術です。

入った部屋には、巨大な機械があった。
眼鏡を外し、殆ど見えなかったので細かに覚えることが出来ませんでした。
すみません。
大きな機械の間からヌッと飛び出たベッドに仰向けになる。
頭上にはこれまた大きな機械が。
先生が「さあ、始めるよ。楽にしてね。」と声を掛けてくれた。

ちょっと体勢を整えた後、看護婦さんがアイスノンのような(私にはそう感じました。実際はもっと薄いものかもしれませんが。)
顔半分は覆うであろう真っ白で大きなテープを眼に貼り付けた。

テープを貼られた私の視界
視力矯正手術@テープを貼られた状態

「瞬きをしないように固定するんやな。」と思った。
看護婦さんが「アシャーバクン(下見て)」という。
メスのようなもので眼の上のテープを切っているようだった。
テープを切りながら、
看護婦さんと先生の会話が始まる。
看護婦「犠牲祭は先生は何処行かれるんですかぁ?」
先生「仕事が忙しいから無理ね。母が帰って来いってうるさいんだけど。」
看護婦「そうですよねー。私、断食開けの砂糖祭も里帰りできなかったんです。」
どったらこったら。
1人緊張しまくっている私はアホみたい。
お陰で少し緊張がなくなる。
「ユカルバクン(上見て)」今度は目の下のテープを切っている。
「ドールバクン(まっすぐ見て)」
まっすぐ見ると、テープがはがされ、視界が良くなる。

視界は狭まり、穴から外を覗いている感じ
穴が開いた障子から外を見る感じです。
視力矯正手術@穴から見えたもの

次に、プラスチックのリングのようなものが視界に入った。
看護婦さんはそのリングを、目に強めに押し付けた。
眼が飛び出た感覚。
思いっきり出目にされたため、後頭部がずきずきと痛み出す。
後頭部の痛みが強くて看護婦さんに言おうかと思ったけど、どう言えばいいの??まあいいか・・・。
で我慢する。
リングを付けられて、眼球がガラス板に吸い付いたような、そんな感覚になる。
視力矯正手術@眼球が・・・

物凄く細いステンレス製のホースのようなものが視界に入る。
「眼を洗浄します。」と看護婦さんが言う。
ホースから無色透明の液体が出て、眼球を洗う。
視界は正しく、大雨の日の車のフロントガラスに滝のように流れる雨を車の中から見ている。そのものだった。
洗浄が終わり、頭上にあったライトが眼の上に持ってこられる。
異常にまぶしい。涙が出た。(感じがした。)
途端に白かった視界が真っ暗になる。

「緑色のランプと、赤いランプが見えますか?」と先生の声
「はい。」
「赤いランプを見ていてください。」というから、
必死で見ていた。
視力矯正手術@赤い点

が、次の瞬間ランプが移動する。
不意打ちを喰らった様で、眼球が動く。
「眼を動かさないで!もう一度やります。」
と怒られる。
せやかて・・・。
視力矯正手術@赤い点が移動して戸惑う

視力矯正手術@先生に怒られる

あっそうや、小豆大くらいの緑色のランプ、これを見よう。
正解やった。
「そうそう、いい感じよ~。」と先生が言う。
15秒くらい緑のランプを見ていたか。
「右目は終わり。」と先生の声が。
ホッと一息。
看護婦さんがリングを外し、テープをはがす。
これ、めっさ痛かった。
次は左目。
左目の時も眼が動いてしまってまた先生に怒られる。
右目に集中しすぎて、左目の集中意識がなくなってしまったから。
あと、緑のランプも見えなかった。
でも、次には緑のランプも見えて、フラップを作る為の作業である第一段階が無事に終わった。

フラップとは、角膜をミクロ単位でレーザーを当てて傷を付け、角膜を剥がしやすくするための1段階。

看護婦さんが「ゆっくりでいいですから起きてください。」という。
機械に頭をぶつけないよう、慎重にゆっくり起き上がる。
看護婦さんは「次の部屋に案内します。」といって手を取って誘導してくれた。
視界はぼやけていた。
中心が見えて、周りは白い膜が張ったように見える。
視力矯正手術@ぼやけた視界


普通の視界
視力矯正手術@普段の視界
続きを読む

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/02/14 02:12 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(6) | トラックバック(0) |
視力矯正手術のこと
長文になるので、勝手ながら2回に分けます。
1回は手術前、次は手術中のことを書きます。

いよいよの、手術当日となった。
10時45分からの手術だったけど、10時には病院に着いていた。
直ぐ近くの、ガレリア・ショッピングセンター内で持参してきた日本円の両替をする。
支払いはユーロのみみたいだ。手術費用は800ユーロ。
当日のレートが悪かったのか、日本円では11万ちょっとで800ユーロになった。

しばらくブラブラして時間を潰し、15分前に1階の受付へ行く。
相変わらず院内はトルコ人でごった返していた。
というのも、トルコ人、家族全員を引き連れて病院へ来るから、院内が人で一杯になるのは仕方ないことか。

受付の方に、「少しお待ち下さい。」といわれ、近くのソファに座って待つ。
直ぐに女性の方がやってきて、担当医の個室に案内される。
先生「調子はいいですか?いよいよですね。私は他の患者さんを診てから来ます。」とおっしゃった。
部屋を出たら、先ほどの女性が待っていた。「2階へ行きます。」といわれ、彼女のあとについて、2階へ。
2階の受付で、名前を告げる。

「昨日お渡しした、手術の詳細を書いたパンフレットの一番最後のページに、手術を受けることを承諾したサインをして、持ってきましたか?」と聞かれた。
実は、日本の親にこのパンフを見せたかったので、忘れたことにした。
特に問題も無く、受付嬢は新しいパンフをくれた。
パンフの一番最後のページにパスポートと同じサインをその場所でする。
受付嬢はそのページのみを切り取って、パンフは返してくれた。

ほんの少しだけ待った。
先ほど1階から2階まで案内してくれた女性が来て、「手術代金は前払いになりますので、支払い場所に案内します。」という。
とにかく、この女性、足が速い。
2人して彼女に追いつくのに必死で、代金を払う場所が解らなくなる。
小さな個室にたどり着く。
代金の支払いのために3人トルコ人が待っていた。
少し待って、目の前の作業をこなすため黙々と働く男性に800ユーロ支払う。
支払いが終わった後、2階の待合室に戻り、「座って待っていてください。」
といわれる。

トイレに行っておこうと思って、その場をうろうろ。
トイレは1階にしかないみたいだ。
1階への階段を下りようとすると、先ほどの女性があわててやってきて、
「ミセスむしむらさん!!どこいくんですかーーー!!」
「ト、トイレですが・・・」
「あ、そうですか。でも、なるべく早く戻ってきてください。」

視力矯正手術@手術前
続きを読む

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/02/12 14:45 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(4) | トラックバック(0) |
視力矯正手術のこと
2005年12月28日に、トルコ・イスタンブールにて、近視を治す手術を受けました。
術後すぐ、ぼやけてはいましたが、それでも数メートル先を歩くトルコ人のおっさんの濃い~顔がはっきりと見られたときは、本当に感動しました。

しかし、術後、5%の確率で、瞬きをするだけでフラップが動いたり、アレルギーが出たりするという人がいます。
見事に私はその5%にはいってしまいました。
私の場合は、アレルギーでした。
塩分の取りすぎで、角膜炎をおこしやすいそうです。
担当の先生から「これからは塩分の取りすぎに十分に注意してください。」といわれました。

これから視力矯正手術について、経験したことをUPしていきたいと思います。

ただ、視力矯正手術をお薦めしているわけではありませんので、よろしくご理解下さい。
続きを読む
【 2006/02/07 12:07 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。