スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ひきこもり
引きこもりがちだったのが、ネコが来てから、悪化した。

08042103.jpg
ぼけ~

巷では、米が値上がりした、パンが値上がりした。
と大騒ぎ?のようです。

今日になって、初めて知った。

それくらい、引きこもり。

この異常なインフレ、また何年か前のようにオカシナことにならないか、

心配です。

08042104.jpg
ねむい・・・

トルコリラ投資はちょっとばかし持ち直してよかった。

金も様子を見て、買うことにしよ。

粗食のお陰なのか、アレルギーは余り悪化していない。

粗食のお陰で、体重はぐんぐん減ってます。

今まで50キロ台から40キロ台に落とすのにそれはそれは苦労したものですが、

あっさりと40キロ台突破。

運動一切してない。

更に痩せまくってる。

嬉しいけど・・・もっとなにかヤヴァイ病気なのかもしれん。

とついつい、悲劇のおばちゃんになってしまう。

けど、ここ数日の砂嵐と乾燥のお陰で、今度は咳が出始めてきた。

寝ると発作のように咳が出始めて、よく眠れない。

08042105.jpg
ぼく、ねられる

咳の後は、背中と胸が痛い、疲れまくる。

近いうちに、鼻の手術をやるつもりです。

もとから、でっかい鼻茸があるので、これ切除しない限りは、

鼻スースーとは無縁になるだろう。

手術、今時のレーザーじゃなくてね、

旧式の施術をすることになりそう。

レーザーでは間に合わない?悪化しまくりってことで。

歯肉をざっくり切って、ベロンとめくりあげ、頬骨に穴を開けて膿を取り出す。

新たに軌道を確保するために鼻骨に穴を開けて、

片側の鼻穴から止血のガーゼを通し、穴を開けた鼻骨にガーゼを通し、別の方の鼻穴からガーゼを

出すという。

お、おそろしい。

10日後に素面でガーゼ抜き。

これが信じられないくらい痛いらしい。

08042106.jpg
ぎゃーーーー

ってなくらいらしい。

それに顔がバンバンに腫れるって。

ウツです。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ペット

【 2008/04/25 10:48 】

| 写真 | コメント(7) | トラックバック(1) |
新顔さん
長い間、ご無沙汰していました。

日本に里帰りしてから、今まで目まぐるしくいろ~んなことがありました。

トロイ性格の私にとってはとても大変です。

コメントを下さった皆様、ありがとうございます。

お返事できなくてすみません。

さて、さて、さて。

新顔さんが来て丁度1週間経ちました。

早い。

まだ奴らが来てから3日くらいしか経ってないと思ってました。

新顔さん、どぞ。


ごきげんよう、皆の者

貫禄たっぷりのターキッシュアンゴラ♀です。

めちゃ、でかくて体格も良くて。

真っ白なだけに、すぐにズズ黒くなるのが難点です。

次の方、どぞ。

08041702.jpg
ども。母ちゃんが舐めるのです。

黒猫と聞いて、喜んでいたんですが、

しましまのおいちゃんです。

雑種♂です。

生後1ヵ月半くらい、瞳孔が小さく、動きも弱いから、ちと不気味です。

5日前まではおっぱい飲んで寝てばかりだったのに、今はてってけ走り回っています。

どちらも可愛いです。

でも、

最悪なことに、猫アレルギーを発症してしまいました。(・ω´・*)b

猫が来てくしゃみが止まらなくなり、目が晴れて、粘々の目やにが出てきて。

捨てるわけには絶対にいかない。

母猫のアンゴラは貰い手が見つかるだろうけど、

しましまのおいちゃんは・・・無理だろうな。

後次いで、

最悪なことに

小麦アレルギーにもなってしまいました。

猫が来る5日くらい前、普通にパンを食べていたら、喉が晴れ上がったような感じがして、

初め、パンだとは気が付きませんでした。パンと一緒に他のものも食べていたし。

発作が起こる前、

美味しかったから、お好み焼きを3日連続食べていた日があり、

その後、顔、体中に赤い湿疹のようなものが出てきて、なんか息がしにくい・・・風邪かな?と思っていて。

で、パンを食べたあと、苦しくなったので、直感で「小麦だ!」と思いました。

それから直ぐに小麦の一切を摂らなくなったら、調子が良くなりました。

以前、アレルゲン検査をやった時、97YTLもした!

医者から、沢山アレルギーがあるねぇ、こんなのは初めてだ!食べられるものは野菜くらいだねぇ。

と言われたのが1年前。

あんまし、真剣に受け止めてなかったです。

今、病院行ったら、確実にステロイドの内服、外服をだされるだろうから、

ステロイドは絶対に嫌なので、ネットを検索しまくってたら、

「粗食」が良いという結果になりました。

肉類、砂糖、油、乳製品、小麦、果物を断つ。

トルコで肉類、砂糖、油、乳製品、小麦、果物を断つのは難しい!

それらを大量に消費している国だからなぁ。

お呼ばれには行けない・・・(´・ω・`) ←なーんてちょっと嬉しい?!

以前、話題にした、おっとのおじいさんが長寿で、その元気さからやっぱり「食事なのかな」と

思いました。

あと、適度な運動も、

あぁ、日本で話した重~い私の人生に更に輪をかけて、アレルギー発症とは!!

でも、まぁ、
08041703.jpg


こんな(一応子猫がじゃれているところです)姿を見たら、

ぐずぐず言ってられない。

猫のせいじゃないし。

絶対に治してみせるぞ!

テーマ: - ジャンル:ペット

【 2008/04/18 10:24 】

| 写真 | コメント(10) | トラックバック(0) |
総選挙
総選挙が無事に終わったので、選挙のことをUPできます。

しかし、どなたか不都合があれば申し出てください。

7月22日に総選挙の投票がありました。

それまでは、立候補者の選挙カーが毎日、大音量の音楽をかけ、

町内を循環していました。

日本だとうぐいす嬢が「**を、**を、何卒お願い申し上げます!!」
という、声のアピール。

こちらでは音楽のアピール。

地を揺るがさんばかりの大音量です。

しかも、音楽が結構頭に残っている。行進曲よりも若干早めのテンポ。

軍隊調あり、哀愁調、ポップ調ありで、なかなか楽しいものでした。

それら多くの立候補者の中で、ひときわ力を入れていた候補者がいました。

広報のパンフレット

すっごく凝っています。(・ω´・*)b

07.07.24-01.jpg


記念に取っておきます。

見開きのカラープリント広告B5サイズを約1万部(約というところがトルコです。)で10万はするのに、
これだけで、結構のお金が使われています。

力入ってます。

お子達にも面白いように

漫画つき!!! ヽ(*´∀`)ノ
07.07.24-02.jpg

トルコをお皿に盛って、ユーロのドアを叩くエルドアン首相が面白い。

後ろの副首相のアブドゥラ・ギュル氏の笑顔、特徴をよくとらえていて、面白い。


07.07.24-03.jpg

サンタクロースの格好をしたエルドアン首相と、アブドゥラ副首相
カワイイ?

07.07.24-04.jpg

アメリカに踊らされているのか?

答えはNO!ってことでしょう、か?

私たちの意思でこの国を動かしていくのです!!
ってことなのでしょう。

その他も面白い絵がありました。
一枚目の漫画が気に入っています。

あとは、写真の小冊子、候補者の意気込みが書かれた小冊子などがありました。

2年前(だったか?)、市長選の選挙カーは、おんぼろで、音楽もスピーカーがぼろいから音が割れまくっていました。

総選挙ともなると、小型バンに候補者の営業スマイル顔写真がプリントされていて、なかなかお洒落でした。

日本でも、候補者が歌うなんていうのもいいかも?

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/07/24 21:35 】

| 写真 | コメント(3) | トラックバック(0) |
ライター
トルコ人はヘビースモーカーが多いです。

スーパーや万屋では必ずライターが売っています。

日本では使い捨てライターが主流ですが、トルコでは充填式のライターが主流です。

見た目、100均やキヨスクなんかで売られているライター
07.07.16-01.jpg


お尻をみると
07.07.16-02.jpg


ガスが充填出来る様になっています。

「へぇ。リサイクルだ。」なんて思っていたのですが、甘かった。

初めから注入されているガスを使い切り、2回目のガスを充填したら、

途中で着火石がなくなります。

石を交換する事ができない作りになってる。

なので、2回目を使い切ったためしがないのです。

そのまま放っておいたら、ガスは蒸発。

家には使えないライターだらけ。

07.07.16-03.jpg


全然リサイクルになってへんやーん!
(訳:全然リサイクルになってないじゃーん!)

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/07/16 23:12 】

| 写真 | コメント(3) | トラックバック(0) |
野良は大変
トルコ全体、野良犬、野良猫がとても多い。

カッパドキアでも当然。

彼らは、毎日の食料にありつくために時には命がけなのです。

朝から猫の鳴き声がしたので見てみると

かわいい子猫が隣のベランダに
隣のバルコニーに子猫さん

隣のアパート1階住人のバルコニーは、
残飯をバルコニーに出しているため野良猫がやってきます。

きたねーバルコニーだ・・・

ちびっこは窓のさっしに乗る事が出来ません。
もう一つ向こうのバルコニーにパンダ猫

                はやくおいでよ~
早くおいでよ~、え~無理!
ムリ~!!(=´・ω・`=) (にゃっ、にゃっ


左側のバルコニーは、葡萄のつるが絡まっています。

そこを伝って登ってきて、少し出っ張りのあるさっし(?)に
飛び乗ります。

ここが一番緊張するところです。

大きな猫でも、15秒は精神集中してから飛びます。

下は結構高さがあります。

猫の侵入経路
猫達の侵入経路図解説

経路2と3が一番の難所です。

残飯食べた子猫は下へ降りる

白黒猫は、適度に満腹したので、下に降りようとしています。

パンダ猫は結局、飛ぶのが恐くて、諦めました。

野良の世界も大変です。


ランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
blogranking

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/06/02 22:20 】

| 写真 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。