スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
トルコのパン
2005-4-23.jpg

トルコのパンは世界一美味しいとよく言われます。
外はカリカリ、中はモチモチでほんと、美味しいです。
日本で販売することが出来たら、絶対売れまくると思います。

今日はエクメック(エクメックまたはエキメッキ=パン)を紹介します。
写真はドアップで解りにくいですが、パンの裏側です。
左側のポチポチがあるパンは、電気オーブンで焼き上げたもので、右側が石ガマで焼き上げたものです。
断然、石のほうがうまい!

炭火で焼き上げるし、材料には絞りたての牛乳が使われているからです。

電気オーブンのは、水ですから。
まあ、美味しいんですけど、やっぱり、右側のパンには叶いません。

都会では絶対に見つからないんで、田舎方面にきたら、この裏面が滑らかなパンを味見してください。
スポンサーサイト
【 2005/04/20 01:48 】

| トルコメシ | コメント(2) | トラックバック(0) |
アダナ・ケバブ
2005-4-19-1.jpg


今日の夕食は、カッパドキア・アヴァノスでとりました。
ここも、地元の人に人気のレストランです。
他の街からもバスに乗って、車に乗って人が来るくらい人気のレストランです。
今日は平日で夕食をとるには遅すぎた時間にあぶはち達は来たんで、レストランは空いてます。
レストランお薦めのアダナ・ケバブ(アダナケバブ=挽肉の串焼き料理。辛いです。)を注文しました。
肉はジューシーでめちゃウマ!

(≧ ≦)Ω ヨッシャ!

2005-4-19-2.jpg


食後はチャイ。(チャイ=お茶)
トルコのチャイは砂糖をタップリ入れて飲むんです。
あぶはちは以前は砂糖無でチャイを飲んでいましたが、飲む回数が増えると舌がピリピリしてくるんです。
なんで、最近は砂糖ドボドボ入れまくってます。
トルコの砂糖は、砂糖大根から作るので、太りにくいんです。
でも、ホドホドに。
お茶を入れるグラスは絶対このチューリップ型のグラスと決まっています。
大きいカップだと飲んでいるうちに冷めて不味くなるから、あぶはちはこのグラス気に入ってます。
お酒飲むのにも丁度いいですし。

2005-4-19-3.jpg


あぶはち大好き、青唐辛子のお漬物♪
ココにもありました。ここのも美味しいかった。

2005-4-19-4.jpg


店内の様子です。ご覧の通りガラガラです。うちらが来たのは夜の10時過ぎやったから、お客さんは殆どいませんでした。

2005-4-19-5.jpg


レストランの概観です。レストランの名前は ADANA OCAKBASI、アダナ・オジャックバシュといいます。
アヴァノスの中心街にあります。
レストランの名前は、オジャックおじさんの所という意味があるそうです。
美味しいし、値段も安いし、サービスも良しで、お薦めのレストランです。
【 2005/04/19 10:18 】

| トルコメシ | コメント(1) | トラックバック(0) |
トルコのピザ
20050414.jpg


今日の夕食は、ピデになりました。(ピデ=ピザ)
カッパドキアのウルギュップで地元の人に人気があるピザ屋です。
ここのピデは美味い!
(V^-°)イエイ!
チーズ、挽肉、クシュバシュ(クシュバシュ=すずめの頭。ここでは、すずめの頭くらいの小さいお肉の塊を指します。)があり、お薦めは挽肉です。
追加料金で卵やチーズをトッピングしてもらえます。
そして、そして。
あぶはちの好きな超激辛青唐辛子のお漬物。ここのが一番美味い!

***********************

ピザの発祥地はイタリアやないんですよ。
パンの発祥はアラブで、遊牧民達がパンの上に肉や野菜を乗せて食べたのがピザの始まりだといわれています。
そして、そのパン生地を薄くし、食べやすくしたのがトルコということらしいです。

昔は、ヨーロッパ諸国にとって中東、特にトルコは、最新流行の発信地でした。ヨーロッパの上流階級の人々は挙って最新情報を手に入れるため、トルコを常に意識していたんです。

現在は、正反対になってしまいました。

トルコは歴史も、人々も奥が深いです。
【 2005/04/14 09:07 】

| トルコメシ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キョフテ
20050331-1.jpg


今日はコジャとロカンタで夕食です。(ロカンタ=大衆食堂の意)
キョフテを頼みましたが、味付けが塩辛い!
(TロT)
美味しかったらお店の写真も載せて紹介しようかなと思ってましたけど、やめときます。
( ̄ー ̄)ゞスマンスマン
キョフテというのは、ハンバーグのことです。スパイスが効いていて、美味しいです。

作り方はいたって簡単。ボールに挽肉、摩り下ろしたたまねぎとにんにく、クミンパウダー、オールスパイス、塩コショウ、辛いの好きな人は赤唐辛子、お好みで卵、人参の摩り下ろし、パセリのみじん切りを入れて、混ぜるだけ。
できれば、炭火で焼くともう~たまりません。

20050331-2.jpg


これは、青唐辛子のお漬物です。
超激辛です。カッパドキアのロカンタには大抵置いてあります。
激辛なんやけど、あぶはちははまりました。
辛さで涙を浮かべながら、15本はポリポリ食べます。食べたこと無い人なら、1本も食べれば、舌がヒリヒリです。(多分)


【 2005/03/31 08:17 】

| トルコメシ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。