スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おぶるさん
さようなら、おぶる。


2004年5月21日に我が家にやってきた小さな子猫。
手のひらに乗るくらい小さかった。
ミルクを上手く飲む事ができず、だっこして小さなスプーンで飲ませてあげた事を昨日のことのように思い出します。

2007年1月11日午後5時、おぶるさんは天国へ逝ってしまいました。
私のお気に入りの絨毯の上で、苦しむことなく静かに息を引き取りました。

悪性のガンでした。
お腹に大きな腫瘍がありました。
手術しても助かる見込みは25%くらいと医師に言われました。
それでもその25%に掛けました。
手術は午後6時からでした。

10日まではとても元気で、投げたボールを嬉しそうに走って取りに行っていました。

大事な、大事な、大事な、大好きな、大好きな、大好きなおぶるさん。
逝ってしまったのに、何も感じません。
涙が出てきません。
何も感じません。
淡々とこのブログを書いています。

絨毯のところへ行く前に私たちのところへ来て、「ニャー」と鳴いて、おっとちゃんに頭をすりつけました。
私を宜しく頼んだよ。という感じでしょうか。

昼食の準備をしている私を、目を細めてずっと見ていました。

医者は「大事にしてもらったから、苦しむ姿を君たちに見せたくなかったんだね。」と言われました。
なんで気づいてあげられなかったんだろう?
「あなたのせいではない。宿命だよ。」と言われました。
宿命・・・

おっとちゃんが辛い時、片時も傍を離れず寄り添っていました。
私も辛い時、傍を離れませんでした。

いつも前向きで元気なおぶるでした。
どんなに勇気付けられたか。

異国の地で色々あって、おぶるちゃんはいつも助けてくれました。

なのに、私はなにもできなかった。
おぶるさん、ごめんね。

翌日1月12日、大きな木の傍に埋葬しました。
おぶさんのお気に入りのボールも一緒に埋めました。
鼻から何か液体が出ていて、詰め物をしてあげるんだった。と後悔。
いっつも、間抜けな私を許してね。
埋葬した後、「ニャー」とおぶるさんの声が聞こえました。

おぶるさんを埋葬した木は、家の居間と台所の窓から見えます。

暫く、ブログを休みます。
折角楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありません。
すみません。
スポンサーサイト
【 2007/01/12 07:13 】

| おぶる様 | コメント(19) | トラックバック(0) |
牛肉と格闘
牛肉と格闘


去年の12月31日~1月2日まで犠牲祭がありました。

イスラム教徒にとっては重要な祭りのようです。
アッラー神に生贄を捧げるのです。

毎年アナババ(=両親)に何もかもまかせっきりで、今年は彼らがいないから、右往左往してしまいました。

僕たちが当たった牛は脂肪だらけ。とおっとちゃんが言ってました。

大量に脂肪をもらいました。

一体、どうしたらいいのやら・・・。

尻尾と舌が欲しかったけど、そこは人気の部位なので貰えませんでした。

7人グループを組み、おっとちゃんが一番若かったから、贅沢いえません。

年上のリーダーから、いいとこ、もって行きました。

トルコにいると、早く年を取りたいと思ってしまいます。(日本では反対ですけど。)

32キロ今年は牛肉を貰えました。大体が足の部分みたいでした。

脛があった。脛なんてどう調理したらいいのやら。

脂肪が結構あったので、ぬるぬるして肉を切るのは大変な作業となりました。

おっとちゃんも手伝ってくれていたけれど、途中で嫌になって、「仕事があったわ~。」と言い訳をして、そそくさとその場を離れました。

1人で黙々と細切れ肉を作る作業

最後は利き手が痛くなりました。

切った肉を早速食べたいとおっとちゃんが言うから、焼いたけれど、やっぱり固すぎです。

血も完全に抜け切っていないから、血の味が。

お肉は大体1ヶ月たった頃が一番美味しいような気がします。

なんだかんだで、犠牲祭も無事に終わりました。

後は、うちらだけで犠牲祭ができた事、メッカから帰ってくるアナババに報告です。

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/01/05 00:15 】

| 絵日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
あけましておめでとうございます
謹賀新年


新年、あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨日はクルバンバイラム(=犠牲祭)が始まりました。
イスラム教徒は、アッラー神に牛か羊を捧げるという、神聖な祭りです。
肉の固まりを細切れにする作業でへとへとになりました。
右手が痛いです。
犠牲になった牛は、残念ながら脂肪だらけのものでした。
脂肪で取っ手がぬるぬるする包丁とずっと格闘していました。

ババさんとアンネさんは、念願のメッカ行きを果たし、メッカのカーバ神殿周辺を巡礼しています。
帰ってきたら称号をもらえます。

なにはともあれ
2007年が皆様にとって素晴らしい年となりますように!!

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/01/01 23:16 】

| 絵日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。