スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
視力矯正手術のこと
長文になるので、勝手ながら2回に分けます。
1回は手術前、次は手術中のことを書きます。

いよいよの、手術当日となった。
10時45分からの手術だったけど、10時には病院に着いていた。
直ぐ近くの、ガレリア・ショッピングセンター内で持参してきた日本円の両替をする。
支払いはユーロのみみたいだ。手術費用は800ユーロ。
当日のレートが悪かったのか、日本円では11万ちょっとで800ユーロになった。

しばらくブラブラして時間を潰し、15分前に1階の受付へ行く。
相変わらず院内はトルコ人でごった返していた。
というのも、トルコ人、家族全員を引き連れて病院へ来るから、院内が人で一杯になるのは仕方ないことか。

受付の方に、「少しお待ち下さい。」といわれ、近くのソファに座って待つ。
直ぐに女性の方がやってきて、担当医の個室に案内される。
先生「調子はいいですか?いよいよですね。私は他の患者さんを診てから来ます。」とおっしゃった。
部屋を出たら、先ほどの女性が待っていた。「2階へ行きます。」といわれ、彼女のあとについて、2階へ。
2階の受付で、名前を告げる。

「昨日お渡しした、手術の詳細を書いたパンフレットの一番最後のページに、手術を受けることを承諾したサインをして、持ってきましたか?」と聞かれた。
実は、日本の親にこのパンフを見せたかったので、忘れたことにした。
特に問題も無く、受付嬢は新しいパンフをくれた。
パンフの一番最後のページにパスポートと同じサインをその場所でする。
受付嬢はそのページのみを切り取って、パンフは返してくれた。

ほんの少しだけ待った。
先ほど1階から2階まで案内してくれた女性が来て、「手術代金は前払いになりますので、支払い場所に案内します。」という。
とにかく、この女性、足が速い。
2人して彼女に追いつくのに必死で、代金を払う場所が解らなくなる。
小さな個室にたどり着く。
代金の支払いのために3人トルコ人が待っていた。
少し待って、目の前の作業をこなすため黙々と働く男性に800ユーロ支払う。
支払いが終わった後、2階の待合室に戻り、「座って待っていてください。」
といわれる。

トイレに行っておこうと思って、その場をうろうろ。
トイレは1階にしかないみたいだ。
1階への階段を下りようとすると、先ほどの女性があわててやってきて、
「ミセスむしむらさん!!どこいくんですかーーー!!」
「ト、トイレですが・・・」
「あ、そうですか。でも、なるべく早く戻ってきてください。」

視力矯正手術@手術前
トイレから戻ってくると、例の女性が多少イライラしながら待っていた。
「お待たせしました。」
という。
「これから手術する待合室まで案内します。着いてきてください。」
相変わらず猛スピードの彼女。
着いていくのに必死で、「いよいよかあ。」という緊張も何もない。
2階から地下へ降りる。
おっとちゃんも当然のことながら、必死に着いてきてくれる。
ところが。
視力矯正手術@おっとはいらないって!

「ご主人は2階の待合室で待っていてください!」
えっ??おっとちゃんアカンの?えええーーー???
と思うまもなく、おっとちゃんはスッタカターと去っていく。
えええー。そんなあ。
私としては、当然のことながらおっとは手術室ならずとも、待合室まではいいと思っていた。
彼女は、地下の小さな待合室まで案内し、「ここで待っていてください。」と言い残して行ってしまった。

視力矯正手術@1人で不安

ほっと一息すると同時に、一気に1人の不安が出る。
私が座ったソファの直ぐ左隣はカウンターになっていて、パソコンがあり、2人の従業員が忙しそうにしている。
その2人のうちの男性の方が、
「トルコ語は読めるか?」いきなり聞いてきた。
「読むのは出来ない。」
「英語は?」
「英語なら大丈夫です。」
と伝えると、A4の2枚に渡る用紙をくれた。
そこには、手術後の目薬の使用方法と、術後気をつけること、いつからお風呂に入れたり、化粧ができたり、泳ぐことができるかが書いてあった。
でも、不安のほうが高かったので、しっかり把握できなかった。
暫くすると、別の男性が来て、
「用紙に眼を通したか?質問はない?」
とたずねる。
「ないです。」と伝えると、男性はどこかへ行ってしまった。

暫く待たされる。
待合室には私を含めて6人いた。
女性が1人ずっと眼を瞑ったままだった。そのほか5人は男性で皆眼鏡を掛けていた。殆どが外国人みたいだった。

いよいよ、手術服に着替えたシェレフェ先生が登場。
一気に心臓がバクバクする。

暫くして、カウンターの男性が私を呼んで、「こちらの女性に着いていってください。」と目の前の金髪女性を指した。

女性は、ガラスの壁に隔たれた待合室奥の部屋へ案内する。
「トルコ語は解る?英語の方がいい?ドイツ語ができれば私としては助かるんだけど。」と女性は言う。
「トルコ語も解りますが、英語で頼みます。」と伝えた。
眼鏡を外す。
これで、この愛用めがねとはさようならや。
感無量の気分になる。大事に眼鏡をケースにしまい、バッグへ入れる。

「上着とバッグ、預かります。手術が終わったら返しますね。」というので、上着とバッグを預けた。
「化粧はしてない、香水をつけていない、髪留めをつけていない、(ヘアゴムも駄目)ピアスしていない、コンタクトをしていない。」
かをたずねられる。
手術の待合室まで案内してくれた女性も、今、何かと質問をしているこの女性も、淡々としている。
というか、「後がつかえてるんだからさっさとしてよー。」って感じがした。
でも、このほうが変に緊張しなくていいのかもしれない。

そばにあった、かごには水色のビニールらしきものが。
「それを靴の上から履いてください。」
よろめきながらつける。
女性は、キャップを被せてくれ、手術服を着せてくれた。
キャップも服も紙製というか不織布みたい。

視力矯正手術@手術着

手術着がパステルカラーでかわいかった。
女性は、直ぐ傍の椅子を指し、「そこに座って」という。
目薬を持ってきて、「麻酔用の目薬を差すからね。」
という。
ティッシュを渡され、それをホッペのあたりにおいて、目薬がダラダラ流れ落ちないようにする配慮。
視力矯正手術@手術前の麻酔点眼


書き忘れていましたが、1日目の検査の日も、検査前に目薬をさしました。

けど、その方は眼一杯目薬を差すので、結局はティッシュの効果も無くボタボタと流れ落ちる。
眼をしょぼしょぼさせていると、
斜め左前のドアが開き、私と同じ格好をした看護婦さんが、とっても優しい笑顔で、「さあ、準備はいい?」と手を取ってくださった。
いよいよ、手術だ。

続きは後ほど。
引っ張ってごめんなさい。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/02/12 14:45 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<1人と1匹は肥大化街道まっしぐら | ホーム | 視力矯正手術のこと>>
コメント
--- ---

*かる~あさん
訪問、ありがとうございます!
またお暇な時にでも遊びに来てください。

*ozさん
いやあ、照れます。(//∇//) テレテレ
眼のことだから、私もなかなか思い切れずにいました。
でも、牛乳瓶の底のようなめがねとおさらばできる。
という気持ちが勝ってしまいました。

パソコンに長く向かっても大丈夫です。
ドライアイになるのが気になりますが。

ブログリンクありがとうございます!
あら、どうしよう。とっても嬉しいです。
不都合など全くございません。
こちらこそ、よろしくおねがいします。

*laleさん
laleさんが待っていたのは10分くらいだったんですか?
私の場合、45分くらいは待たされたはず。

ブログのリンク、ありがとうございます。
嬉しいです。
不都合など微塵もございません。(って大げさ?)
よろしくお願いします。
musmula * URL [編集] 【 2006/02/13 09:49 】
--- ---

待っている間、突然不安に襲われる気持ち、痛いほどわかりました。私もドキドキドキドキしながらずっと待ってました。途中で逃げ出そうとも思ったほど(笑)。
でも私が待ったのはたったの10分くらいです。手術の時には先生に目を閉ざされたのですが、感覚がなかったので失明したんだと思い、「何も見えませんっ」と大騒ぎして先生に笑われました(泣)。

私もmusmulaさんのブログ、リンクさせていただきました。不都合があればお知らせくださいね。よろしくお願いします。
lale * URL [編集] 【 2006/02/12 20:13 】
--- お疲れ様でした!! ---

いろいろな緊張&不安のなか、よくぞ手術を実現されましたーv-82あっぱれ!
私も、高校時代からずっとコンタクト使用なので、こっちに住んでいるうちに
手術しちゃおうかな~、と思ってるものの、まだ思い切れずにいる状態です。
musmulaさんのブログを通して、手術・疑似体験させてもらいますねv-14

でも・・・、心配なのは、もうパソコンに長く向かってても大丈夫なんですか?
更新、楽しみに待っていますが、無理なさらないでくださいね!


※事後承諾になっちゃいましたが、ブログリンクさせていただきました、どうぞ
宜しくおねがいします。(不都合がありましたら、お知らせ下さいマセ)
oz * URL [編集] 【 2006/02/12 19:13 】
--- こんにちは ---

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました(≧∇≦*)ブログ最高ぅぅ!
かる~あ * URL [編集] 【 2006/02/12 15:17 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/122-908f8c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。