スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
視力矯正手術のこと@いよいよ手術
2回目の一番最後に書いた、
「左側のドアが開いて・・・」
という部分、間違っていました。申し訳ないです。
小さな部屋につれられ、直ぐそばのドアを案内嬢が開けてくれて、中に入った。のが正しいです。すみません。

ここから、いよいよ手術です。

入った部屋には、巨大な機械があった。
眼鏡を外し、殆ど見えなかったので細かに覚えることが出来ませんでした。
すみません。
大きな機械の間からヌッと飛び出たベッドに仰向けになる。
頭上にはこれまた大きな機械が。
先生が「さあ、始めるよ。楽にしてね。」と声を掛けてくれた。

ちょっと体勢を整えた後、看護婦さんがアイスノンのような(私にはそう感じました。実際はもっと薄いものかもしれませんが。)
顔半分は覆うであろう真っ白で大きなテープを眼に貼り付けた。

テープを貼られた私の視界
視力矯正手術@テープを貼られた状態

「瞬きをしないように固定するんやな。」と思った。
看護婦さんが「アシャーバクン(下見て)」という。
メスのようなもので眼の上のテープを切っているようだった。
テープを切りながら、
看護婦さんと先生の会話が始まる。
看護婦「犠牲祭は先生は何処行かれるんですかぁ?」
先生「仕事が忙しいから無理ね。母が帰って来いってうるさいんだけど。」
看護婦「そうですよねー。私、断食開けの砂糖祭も里帰りできなかったんです。」
どったらこったら。
1人緊張しまくっている私はアホみたい。
お陰で少し緊張がなくなる。
「ユカルバクン(上見て)」今度は目の下のテープを切っている。
「ドールバクン(まっすぐ見て)」
まっすぐ見ると、テープがはがされ、視界が良くなる。

視界は狭まり、穴から外を覗いている感じ
穴が開いた障子から外を見る感じです。
視力矯正手術@穴から見えたもの

次に、プラスチックのリングのようなものが視界に入った。
看護婦さんはそのリングを、目に強めに押し付けた。
眼が飛び出た感覚。
思いっきり出目にされたため、後頭部がずきずきと痛み出す。
後頭部の痛みが強くて看護婦さんに言おうかと思ったけど、どう言えばいいの??まあいいか・・・。
で我慢する。
リングを付けられて、眼球がガラス板に吸い付いたような、そんな感覚になる。
視力矯正手術@眼球が・・・

物凄く細いステンレス製のホースのようなものが視界に入る。
「眼を洗浄します。」と看護婦さんが言う。
ホースから無色透明の液体が出て、眼球を洗う。
視界は正しく、大雨の日の車のフロントガラスに滝のように流れる雨を車の中から見ている。そのものだった。
洗浄が終わり、頭上にあったライトが眼の上に持ってこられる。
異常にまぶしい。涙が出た。(感じがした。)
途端に白かった視界が真っ暗になる。

「緑色のランプと、赤いランプが見えますか?」と先生の声
「はい。」
「赤いランプを見ていてください。」というから、
必死で見ていた。
視力矯正手術@赤い点

が、次の瞬間ランプが移動する。
不意打ちを喰らった様で、眼球が動く。
「眼を動かさないで!もう一度やります。」
と怒られる。
せやかて・・・。
視力矯正手術@赤い点が移動して戸惑う

視力矯正手術@先生に怒られる

あっそうや、小豆大くらいの緑色のランプ、これを見よう。
正解やった。
「そうそう、いい感じよ~。」と先生が言う。
15秒くらい緑のランプを見ていたか。
「右目は終わり。」と先生の声が。
ホッと一息。
看護婦さんがリングを外し、テープをはがす。
これ、めっさ痛かった。
次は左目。
左目の時も眼が動いてしまってまた先生に怒られる。
右目に集中しすぎて、左目の集中意識がなくなってしまったから。
あと、緑のランプも見えなかった。
でも、次には緑のランプも見えて、フラップを作る為の作業である第一段階が無事に終わった。

フラップとは、角膜をミクロ単位でレーザーを当てて傷を付け、角膜を剥がしやすくするための1段階。

看護婦さんが「ゆっくりでいいですから起きてください。」という。
機械に頭をぶつけないよう、慎重にゆっくり起き上がる。
看護婦さんは「次の部屋に案内します。」といって手を取って誘導してくれた。
視界はぼやけていた。
中心が見えて、周りは白い膜が張ったように見える。
視力矯正手術@ぼやけた視界


普通の視界
視力矯正手術@普段の視界
部屋を出たとたん、つまずく。
段差があったようだ。こんなとこに段差なんか造るなー。
待合室にいるであろう他の患者さんの視線が刺さるような気がした。
「あー、あの子、手術したんやー。」って感じかな。

ほんのちょっとの廊下を歩き、真向かいの部屋に案内される。
ぼんやりとした視界には先ほどと同じ茶色の椅子が。
こちらの場合、2つ椅子があって、水を飲む器具があった。しかも忙しく従業員が行き来していた。
先ほどの部屋は、2人も入れば窮屈になるくらい小さなところだった。

椅子に座る。
看護婦さんに麻酔の目薬をまた指される。
ほんの数分待って、左側のドアに案内される。
また、先ほどと同じような大型の機械があった。
真ん中からニュッとベッドが出ている。
視界はぼんやり。機械の詳細なんてわからない。
ベッドに仰向けになる。

例によってテープが張られ、リングのようなものを付けられ目を完全に固定される。
洗浄をして、
また、まぶしいランプが近づく。
視力矯正手術@ライトが眩しい・・・涙が出る

ものすごーく細いピンセットのようなものが見えた。
角膜をぺロッとめくるのが感じられた。
洗浄をしたから麻酔の意味がなくなったんかしら?
でも、ちっとも痛みは無かった。
角膜をめくられた瞬間、視界はかんぜんに靄がかかった。
「ほんの数ミクロンの薄さで角膜を剥がしただけで、こんなに見えなくなるやなんて・・・。」
と思った。
次の瞬間また視界は真っ暗。
先ほどと同じように、丸い形をした赤色の点の集合を見ることになる。
緑のランプは見えなかった。
またもや、眼を動かさないように全身全霊で集中する。
今回の場合、直ぐに終わった。(気がした。)
2,3回チカチカッっとフラッシュライトがでた。
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ焼けるような痛さがあった。

視力矯正手術@レーザーを当てる

直ぐに視界が明るくなり、眼を洗浄する。
めくっていた角膜を戻す。
途端に先生の物凄く真剣な顔が見えた。
また洗浄をし、緑色のヘラのようなもので、
上下左右と角膜がめくれないように抑える。
右目は終わった。

左も右目と同様の治療がされた。

視力矯正手術@手術の最終仕上げ

これで手術は終わった。
手術室を出ると、先ほどの金髪女性が外の待合室まで誘導してくれ、預けていたバッグと上着を渡してくれた。
神経を集中しすぎて、頭がボーッとしている。
視界は靄が掛かっている。

こんな感じでした。
視力矯正手術@術後直ぐの視界


おバカなことに、顔は動かさず眼だけを動かしてしまった。
ソフトコンタクトレンズを取る時のべりっとした感覚が左目に感じられた。
「ど、どうしよう・・・。」
とりあえず眼を瞑っておく。
大丈夫だ。と言い聞かせる。

このあとどうすんの?
このまま座っていていいの?
はやくおっとちゃんの顔が見たい。と思い、待合室を出て、階段を登りはじめた。
すぐさま待合室のカウンターにいた男性が、
「ミセスむしむら!!待って、待って!!まだ待合室にいてください!!検査がありますから!!」
と慌てて駆け寄ってきた。
もー、それならそうと言えよう・・・。

ソファに座って眼を閉じて名前が呼ばれるのを待っていた。
間もなくしてシェレフェ先生が「むしむら。」と呼ぶ声が。
ゆっくり眼を開ける。
満面の笑顔の先生がいた。
「手術、お疲れ様!調子はどう?」
「はっきりとは見えませんが、大丈夫です。ありがとうございます!」
「視界は徐々に見えてくるからね。安心して。手術がうまくいったか見ますから、ついてきて。」
近くの部屋に通される。
まぶしい光がついた器具で眼のチェック
「完璧!綺麗に出来たわ!」
先生はとても誇らしげに言った。
「術後の状況を見るため、明日12時に来てください。」
「はい、先生。本当にありがとうございました!!」
部屋を出ると、キャップをはずした看護婦さんが待っていた。
彼女の笑顔は本当にイイ!!
暖かで優しくて。
エレベーターでおっとちゃんが待っている2階へ向かう。

私が現れるであろう通路の傍のソファを陣取って、通路を睨んでいる夫ちゃんの顔が見えた。
私の顔を見つけると、おっとちゃんは満面の笑みになった。
看護婦さんは「手術は無事に終わりました。」
とおっとちゃんに告げると、個室へ案内する。
「ここで好きなだけ休んで下さい。何時帰ってもいいですよ。帰る前に受付で帰ることを伝えるのと、明日の検査の時間の確認、目薬をもらってから帰宅してくださいね。」
と看護婦さんは言った。
お礼を言って、ベッドで横になる。
おっとちゃんは「大丈夫?痛くない?何か欲しいものはある?カーテン開けようか?」とそわそわ。
3分横になって「帰ろう。」といった。
「もういいの?もうちょっとゆっくりすれば?」
「ええわ。」
「解ったよ。」
その後、受付へ行く。
受付嬢から、目薬3種類をもらい、明日の検査時間を確認した。

終わった。
おっとちゃんが、「僕、ずっと待ってたよ~。疲れて喉が渇いたから病院内にあるカフェテリアで何か飲もうよ。」
というので、そうすることにした。
院内のカフェテリアはガラス張りでお洒落。
ピーチジュースを頼む。
ピーチジュースが美味しい。
ほうっと一息ついた後、気がついた(って遅すぎ?)
見える。見えるよ!!
まだ白い靄がかかっているけど、完全にはっきりと見える!
病院の外をあるく剥げたおっさんの濃い顔が見える!
数メートル先のテレビが見える!!
余りの感動で涙が出そうになった。
ピーチジュースの味も忘れた。
嬉しさの余り周りをキョロキョロ。
見える、見える、見えるっ!!

ピーチジュースの銘柄を一々読み上げる。
遠くに離してみる。
見える。
感動しまくり。
余りの嬉しさに、おっとちゃんも釣られてニコニコ。
「ガレリアへちょっと寄っていこうか?」
「うん!」
病院を出る。
ドアマンのおじさんが笑顔で「お大事に!」と言ってくれ、また嬉しくなった。
近くのベンチに座り、おっとちゃんはタバコを吸う。
私は相変わらずキョロキョロ。
車を誘導する、かったるそうに働くおじさんに(何故おじさんばかりに眼が行ったのかなぞです。)対して笑顔になった。おじさんは気付いて頬をちょっと赤らめてそっぽを向いた。

おっとちゃんのタバコが終わり、ガレリアへ向かって歩く。
ゆっくり歩いてくれるおっとちゃん。
ガレリアに入る。
ただ、このショッピングセンターのライトが物凄く異常にまぶしい。
少しブラブラしたのだけれど、ライトの眩しさは眼に突き刺さる。
涙がボロボロ出始めた。
「もう帰りたい。」おっとちゃんに言う。

おっとちゃんも待ちくたびれて疲れたみたい。
「そうしようか。」とホテルへ帰ることにした。

次回は、ホテルでの出来事を書きます。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/02/14 02:12 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<主婦はつらいよ | ホーム | 1人と1匹は肥大化街道まっしぐら>>
コメント
--- ---

*にゅげさん
角膜ぺリッは怖すぎましたかな?
もうちょっと待つと、もっと技術が進んで、角膜剥がす作業がなくなるかもよ。
多分。
ラーメン食べても、視界ははっきりです。

*アイシェさん
HPへ行くといいながら、まだです。
ごめんなさい。
角膜を少し剥がすとかいてしまったから、怖がった方が多いかも。
でも、抜かすことはできないし。です。

*SHANTIさん
私としては、手術室の待合室で2人で待って、いざっと言う時に、「じゃあ、頑張ってね!」「うん!」
手をとり瞳キラキラを想像していたのです。
それがなくて、寂しいのもありました。

視界に虹が?
ヒーリングの効果でしょうか?
また虹が見えるかもです。

*えりこさん
こちらこそ、どういたしまして。
怖いというのは、なかったです。
怖い、危ない、成功しないかもしれないなどなど、いろんな不安材料を合わせてみても、めがね無で見える。の方がウェイトが大きかった。

角膜をめくる感覚は、眼が乾燥しているけど、ソフトコンタクトを取るという時の感じです。

*めぐっちさん
私は、他人が怖い。と思うというようなことは、普通にやってしまって、他人が何でもないことを異常に怖がるという、変わり者です。
あ、いえいえ、視力矯正手術を受けられた方が、変わり者ということではないですよ!
musmula * URL [編集] 【 2006/02/17 22:05 】
--- ---

ひぃぃぃ~!!!角膜部分は 私も ゾクゾクっとしました!
musmulaさん 落ち着いてる!!

でも、”はやくおっとちゃんの顔いが見たい!”とか ”おっとちゃんが通路を睨んで?待っていて musmulaさんの顔を見たら 微笑んだ”とか お二人の絆も感じられる~!!

臨場感あふれる表現に ハラハラどきどき、じーんとしながら 一気に読んでしまいました。
ホテルでの話も 気になる!
めぐっち * URL [編集] 【 2006/02/16 05:28 】
--- ---

詳しい手記ありがとうございます!
淡々と書いてる感じがまたいいですね。でも実際は怖かったんでしょうか?角膜はがす感覚が分かるって怖いですよねー。あぁ~私もしたいけど、やっぱり怖いな・・・。
でも眼鏡やコンタクトなし生活も憧れるな~。私たちはいつになることやら・・・。
見える!っていうところ、感動的でしたよ。
えりこ * URL [編集] 【 2006/02/16 05:08 】
--- ---

目の手術経験何回かありますが、全麻でした。
外国だしおっとちゃんは待合室だし、心細かったでしょう?
この状況でこれだけの観察力、すごいと思います!
ネパールでは絶対したくないですね。
「手術です。」といわれ日本に帰ったひとは薬で軽く治るなんともないことだったそう。
わたくしごとですが、昨日視界に虹がずっとかかっていてびっくりしました。
オーラが見えるようになったのかと思いました。
今朝起きたら通常に戻ってました~。
とにかく、よく見えるようになってよかったですねっ!
SHANTI * URL [編集] 【 2006/02/15 22:08 】
--- ---

こんにちは。またお邪魔します。手術もその後の通院も本当は大変だったと思うのに、かわいいイラストと楽しい文章で思わずひとりでクスクス笑ってしまいました。私も視力は相当悪くて長年メガネ生活を送っていますが、コンタクトすら「目にモノ入れるなんてもってのほか!」と怖がっているくらいですから、視力矯正手術にはちょっとあこがれつつも、きっと無理だと思います(>_<)
アイシェ * URL [編集] 【 2006/02/15 08:30 】
--- ---

うお~!!
めっさ怖い!角膜ペリッって怖すぎる~v-12
儂もいつかはやりたいと思ってたけど、やめるわ。このままメガネと清く正しいお付き合いを続けていくわ。
でも成功してホント良かったよね。これでラーメン食べても視界が曇らないよねv-218
にゅげ * URL [編集] 【 2006/02/14 22:06 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/124-34139df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。