スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
視力矯正手術のこと
ホテルの部屋に帰ってきて一安心。
目が痛い。
しみるような痛み。
真夏の日にサングラスを掛けず、外をウロウロして目が日焼けした状態のような痛み。

病院から貰った目薬は3種類
1.THILOMAXINE
2.DEXA-SINE
3.TEARS NATURALE FREE
近視矯正手術@イスタンブール: 目薬は3種類

特に2番のDEXAが重要かつ、めんどい。
初日は1時間ごと、2、3日目は2時間ごと、4日目~1週間は1日に5回、2週間目~1日に4回、3週間目~1日に3回
点眼する必要がある。

ホテルに着いた時点で1時間以上は経っていたから、さっそくDEXAを点眼。
おっとちゃんが張り切って、「僕が差してあげる~。」と点眼してくれた。
おっとちゃんは携帯のアラーム機能で1時間後にアラームが鳴るようにセットしてくれた。
おっとちゃんはベッドでゴロゴロしていたけど、そのうち寝てしまった。

私も寝ようと思うのだけれど、
とにかく目が痛い。
目の痛さはだんだんと増してくる。
しみるような痛みが熱を持って、ジンジンとする。
涙がボロボロでてくる。
涙が耳の穴に入らないようティッシュでせっせと涙を拭き取る。
横を向いたらフラップがずれそうな気がして、横向きに寝るのを止める。
絶対に目を(瞼や目の周辺)さわらないで。と看護婦さんに言われていたので、目頭をキュッと押さえたい気分をグッと我慢する。
途中、1番のTHILOMAXINEを差す。これは1日に4回、片目2滴点眼必要。
1番のTHILOMAXINEを差すと、痛みが少し和らぐ気がするが、それも直ぐになくなる。
近視矯正手術@イスタンブール: 目が腫れだす

そうこうしているうちに外は真っ暗。
おっとちゃんがむっくりと起きてきて、「お腹が空いた~。ご飯どうする?」
目は痛いけど、確かにお腹は空いた。
ホテルの直ぐ目の前にレストランがあったから、そこで夕食を取る事にした。

おっとちゃんは、私の顔を見る。
「大丈夫?目が腫れてるね・・・。見える?」
「見えるで。せやけど痛いわ。」
私は鏡を見ていなかったので解らなかったけど、この時点で瞼がピンク色になって少し腫れ、目を固定するために粘着力の高いテープを2回貼り付け剥がしたから、しかもゆっくりじゃなくて、バリバリっとはがされたから、テープの後が被れ出してきていた。

レストランではウェイトレスがオイルランプに火をつけてくれたのだけれど、眩しすぎで見られない。
金色の輪が幾重にも幾重にも重なって、視界全体がその金色の輪しか見えないような状態。
しかも、こういった光は目に付き刺さる。まだ蛍光灯の光がまし。いや、自然光が一番まし。
相変わらず涙は止まらない。オイルランプを消してもらった。
涙をせっせと拭きながら、食事する羽目になった。

ホテルに戻り、おっとちゃんはテレビを見る。
テレビは見られるのだけれど、チカチカする。
もう、寝ることにした。
夜、寝るときは、わざわざ起きて目薬をしなくてもいいと看護婦さんが言っていた。
ちょっとだけ寝られた。
でも、真夜中に目が覚める。
けど、大量の涙が乾燥して、瞼がひっついて目が開けられない。
目は触るな。と言われていたけど、これじゃあ仕方ない。と思って両手の人指し指を使い、瞼を上下に引っ張って無理やり目を開ける。
目は相変わらず熱を持ったように、しみるように痛い。
トイレついでに、鏡でチェック。

鏡を見たときは、びっくりした。
目全体に、黄色の粘々の目やにと既に乾燥してカピカピになった目やにが大量にこびりついている。
また、目やにが目に入ったようで、所々白い膜が張って見難い。
「これじゃぁ、あんまりやわ~。」
触るなと言われていたけど、ホテルの備品にあった綿棒で目にこびりついた目やにを取ることにした。
綿棒3本全部使っても綺麗に取れない。
仕方ないのでコットンパフを使う。
毛羽立っていたので、水で湿らせ目を拭いて、何とか綺麗になった。
目が完全に覚めたので、目薬をしたあと、窓からずっと外を見ていた。
「目を早く治そうとして、涙が大量に出るんやな。」と思った。
外を見ているだけではやっぱり退屈。
テレビを見ることにした。
まあ、何とか見られる。
でもそのうち、眉間が痛くなりだしテレビを消して寝ることにした。

おっとちゃんはグースカ大口開けて寝ている。
「もう、私がこんなに辛いっちゅうのに、こいつっあ~。」
と思ったけど、おっとちゃんが来てくれなかったら一人では無理やったな。と思い感謝。

目は痛いけど、何とか寝ることができた。

この後は手術後1日目に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2006/03/02 21:12 】

| 視力矯正手術 in イスタンブール | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<おぶる様 | ホーム | 家を買う>>
コメント
--- ---

*みほさん
こんにちは!
手術の様子を見れば、踏みとどまるのは解る様な気がします。
手術直後は大変でした。目やにだらけになってしまって、洗浄を2回もしました。
痛くて大変で疲れました。
でも、やってよかったと思います。
担当の先生も励まして下さったのもよかったです。
musmula * URL [編集] 【 2006/03/11 23:49 】
--- ---

こんにちは、お久しぶりです。
ゆかじゃんところによく遊びに行っているみほです。
視力矯正手術、私も検討していたことがあるのですが、
一度日本で仕事でそばで見る機会があってそれが怖くて踏み切れず。。。
musmulaさんが挑戦されるということを聞いて、ずっとドキドキしながら応援してました。
やっぱり手術直後はすごく大変な思いをされたんですね!
よくがんばられましたね~。。。そして、いまは寝転がってテレビも見られるんですね!
私もめがねが邪魔で、気楽にテレビ楽しめないよぉ。。。
いいなぁ・・・・・・挑戦してみようかな?!
ちょっとだけ勇気が出てきました☆
みほ * URL [編集] 【 2006/03/09 22:22 】
--- ---

*harikaさん
目をゴシゴシしたいのに出来ないのが辛かったです。
今はすっかり良くなりましたよ!(⌒∇⌒)ノ
パソコン画面も普通に見れるようになりました。

*yukacanさん
ありがとうございます!
塩分の取りすぎ注意は頑張っています。
今は何の問題もないです。
3番目の目薬を1日5回差さなければならないのは、うっかり忘れます。

*takoomeさん
ありがとうございます!
今はすっかり大丈夫です。
目と歯は大事にしたいです。

*lalestreetさん
lalestreetさんもあの痛みがあったんですか。
初めは、1人で行く!と息巻いてたけど、1人で来なくて良かったと私も思っています。
眼鏡の時は、視界が狭くて、辛かった。
ソファでゴロゴロしながらテレビを見るのにも、眼鏡の蔓?が邪魔してました。
今では、ゴロゴロしながらテレビ見てます。

*zeynepさん
痛かったよ~。痛みで熟睡できなかったです。
熱を持ってジンジンして、涙が大量に出てきて・・・。
でも、我慢できない痛みではなかったです。
musmula * URL [編集] 【 2006/03/03 20:45 】
--- ---

ほんと参考になりますよー。
レーザー治療したいと思っている方、必見ですね。
でも、そんなに痛かったんだね。あああああ、ワタシはできない~っ。
アッフェリン、よく耐えました~!

zeynep * URL [編集] 【 2006/03/03 16:15 】
--- ---

この記事を読ませていただき、私も自分のレザー手術の記憶が蘇りました。
痛いですよね~。あの、麻酔がきれた時の痛ったらないですよね。 私も手術の時は夫についてきてもらったのですが、一人じゃなくてよかったなぁってつくづく思いました。痛さや恐怖を体験しても、やっぱりコンタクトのない人生って楽で仕方ありません。
lalestreet * URL [編集] 【 2006/03/03 14:52 】
--- ---

サワディ~カ~
今は・・・大丈夫?とにかく目も大事にせないかんね、
家のこともあるし・・・・無理したらあかんよ!
takoome * URL [編集] 【 2006/03/03 11:49 】
--- gecmis olsun ---

こんなに大変な目に遭ったのに、素晴らしい絵日記!特に手術中の描写には
感動いたしました。お見事ですmusmulaさん!すばらしい。
もう大丈夫なの?塩分取りすぎ注意だったよね。
yukacan * URL [編集] 【 2006/03/03 07:27 】
--- ---

つらかったね~。
読んでてうるうるしてしまいました。
でも、今、この記事を過去のこととして書いてらっしゃるから、もうすっかり良くなったのですよね、きっと・・・。
harika * URL [編集] 【 2006/03/03 07:05 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/131-620244cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。