スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おぶるさん
さようなら、おぶる。


2004年5月21日に我が家にやってきた小さな子猫。
手のひらに乗るくらい小さかった。
ミルクを上手く飲む事ができず、だっこして小さなスプーンで飲ませてあげた事を昨日のことのように思い出します。

2007年1月11日午後5時、おぶるさんは天国へ逝ってしまいました。
私のお気に入りの絨毯の上で、苦しむことなく静かに息を引き取りました。

悪性のガンでした。
お腹に大きな腫瘍がありました。
手術しても助かる見込みは25%くらいと医師に言われました。
それでもその25%に掛けました。
手術は午後6時からでした。

10日まではとても元気で、投げたボールを嬉しそうに走って取りに行っていました。

大事な、大事な、大事な、大好きな、大好きな、大好きなおぶるさん。
逝ってしまったのに、何も感じません。
涙が出てきません。
何も感じません。
淡々とこのブログを書いています。

絨毯のところへ行く前に私たちのところへ来て、「ニャー」と鳴いて、おっとちゃんに頭をすりつけました。
私を宜しく頼んだよ。という感じでしょうか。

昼食の準備をしている私を、目を細めてずっと見ていました。

医者は「大事にしてもらったから、苦しむ姿を君たちに見せたくなかったんだね。」と言われました。
なんで気づいてあげられなかったんだろう?
「あなたのせいではない。宿命だよ。」と言われました。
宿命・・・

おっとちゃんが辛い時、片時も傍を離れず寄り添っていました。
私も辛い時、傍を離れませんでした。

いつも前向きで元気なおぶるでした。
どんなに勇気付けられたか。

異国の地で色々あって、おぶるちゃんはいつも助けてくれました。

なのに、私はなにもできなかった。
おぶるさん、ごめんね。

翌日1月12日、大きな木の傍に埋葬しました。
おぶさんのお気に入りのボールも一緒に埋めました。
鼻から何か液体が出ていて、詰め物をしてあげるんだった。と後悔。
いっつも、間抜けな私を許してね。
埋葬した後、「ニャー」とおぶるさんの声が聞こえました。

おぶるさんを埋葬した木は、家の居間と台所の窓から見えます。

暫く、ブログを休みます。
折角楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありません。
すみません。
スポンサーサイト
【 2007/01/12 07:13 】

| おぶる様 | コメント(19) | トラックバック(0) |
<<そろそろ・・・ブログ再開しようかな。 | ホーム | 牛肉と格闘>>
コメント
--- ---

どんな言葉をかけていいのかわからん。
どんな言葉も安っぽくなるような気がするから。
こんな時に力になれなくてごめんな。

メールは届いてるか?返事がないからかなり心配なんやけど。
いつか会えると言っても、やっぱあのふさふさした毛並みやぬくもりが感じられないのは辛いところだね。
俺は犬と猫飼ってるけど、奴らのこと大事にしようと思ったよ。仕事が忙しすぎて構ってやる時間があまり無いのがウツだな。

季節の変わり目だから、体壊さないように。
あんまり思いつめないようにね。
TaO * URL [編集] 【 2007/03/21 23:32 】
--- ---

トルコに犬を連れて行き、レストラン経営をした人の、犬と三日月。と言う本には、日本から連れて行った、シべりアンハスキーのビクター。と言う犬に、どの位、なぐさめられたか!と書いてあります。異国の地に、人間より、高い飛行運賃を払ってでも、連れて来て、苦楽を共にした話は、ジ~ンときます。でも、でも、ブログ再開を待ってますから。5月にトルコに行きます。あなたのブログで、トルコのこと、学べて、嬉しいです。
うさこ * URL [編集] 【 2007/03/19 17:10 】
--- ---

私も去年ニャンコを無くしました。
むしむらさんの気持ちを思うと、とても胸が痛みます。
再会されるのをお待ちしていますね。
ショコラ * URL [編集] 【 2007/03/16 18:01 】
--- ---

まだまだ、ブログ。再開される気持ちに、なれないのですね。たびたび、おじゃましてますが。おぶるさんは、愛されて、しあわせ。な、しあわせな、にゃんこです。私は、うさぎを飼ってます。彼が、縁あって、私のところにいるので、お嫁さんや、子供は、無理ですが、精一杯、愛情そそぎたい!と思います。
うさこ * URL [編集] 【 2007/02/21 18:50 】
--- ---

ずっと、何かコメントしようと思っていました。
でも、打ち込もうとするたびに上手く書けなくて、手が止まってしまって…
おぶるちゃんがいなくなってしまって、とても悲しいです。
でも、むしむらさんやおっとちゃんは、もっともっと辛いことでしょう。
おぶるちゃんは、家族の一員だものね。
むしむらさんが、とても大事にしてくれたことは、きっとおぶるちゃんもわかってたと思います。むしむら家で一緒に暮らせたこと、幸せだったと思う。

ゆっくり元気になって、また再開してください。
akiko * URL [編集] 【 2007/01/31 01:09 】
--- ---

今回のブログを読んで、うちのネコを抱きしめて泣いてしまいました。この子が死んでしまったらと想像するだけで涙が止まらないのに・・・ 

むしむらさん、ご自分を責めないで。おぶるさんは本当に、本当に幸せだったと思います。でなきゃこんなに愛くるしい笑顔をむしむらさんに見せなかったことでしょう。
さくら * URL [編集] 【 2007/01/30 21:04 】
--- ---

そんなに小さいときから育てたのなら、本当に寂しいと思います。旦那様も寂しがっていることでしょう。
むしむらさんからmixiの方にメールを頂いたようなのですが、mixiのログインができなくなりました。知らない人が、勝手に招待されてたりしたので、ちょっと怪しかったのですが。なのでせっかく送ってくださったメッセージ読めていません。
また元気になられたら、絵日記が読めるのを楽しみにしています。
miki * URL [編集] 【 2007/01/29 07:54 】
--- ---

はじめまして
コメントのこすのは初めてだけどいつもこのブログを楽しみにしてました。
おぶるさんの写真をみてホントにかわいい猫ちゃんだな~といつも思っていたのです。

今回久しぶりに覗いてみて、最初のイラストを見た時「あっ」と思ってしまいました。。。
遠い異国でむしむらさんの心の支えにもなっていただろう小さな家族、でも大きな存在だったおぶるさん、私もとてもかなしいです。
でもきっとそんなおぶるさんはむしむらさん達の事をこれからも見守っていてくれると思います。

今はとても悲しくて元気も出ないと思いますが、どうか体調など壊しませんように御自愛下さいね。
sao * URL [編集] 【 2007/01/27 18:41 】
--- ---

さみしいですね。悲しいですね。でも、食いしん坊のおぶさん。あなたに飼われて幸せでしたよ。動物は、どんなに、悲しくても、飼い主いないと、生きていけないから、今まで、ありがとう!と言ってくださいね。私も、いつかくる、別れが、考えると淋しいのです。元気で、ポックリいってね。と言い聞かせてます。ブログ再開待ってます。
くんちん * URL [編集] 【 2007/01/22 12:49 】
--- ---

もう再開されたころかなと思っていたのですが、ある人からおぶるさんのことを聞いて・・・心からお悔やみ申し上げます。
私も、実家で飼っていた私の腕の中でなくなった一代目の猫のことを思い出しました。
短い命だったけど、とても幸せだったと思いますよ、これも哀しいけど宿命だったのだと思います。
立ち直られるのに時間がかかるかもしれませんが、時間があなたの心を徐徐に癒してくれることを願っています・・
idil * URL [編集] 【 2007/01/21 20:02 】
--- ---

むしむらさん、突然のことに本当にびっくりしてしまいました。。とてもとても残念です。。

異国の地で、いつも寄り添うように生きてくれた家族を失うのは、本当に悲しいことだと思うけど、絶対おぶるさんは、天国からむしむらさんの事、ずーっと見てくれてると思います。

ブログの再開、むしむらブログのいちファンとして、いつまでもお待ちしてます。
アサコサル * URL [編集] 【 2007/01/17 07:31 】
--- お悔やみ申し上げます ---

おぶるさんを亡くされてどんなにお悲しみでしょうか。
心よりお悔やみ申し上げます。
私も、親なし猫、怪我猫、病気猫を拾ってきては面倒を見ているので、猫の死に遭遇することもしばしばです。
でも何年も一緒に過ごした猫を失うというのはまったく別問題です。
お力落としでしょうがどうぞ元気を出してくださいね。
madamkase * URL [編集] 【 2007/01/16 04:27 】
--- ---

異国の地でいろいろと辛い時に、おぶるさんの存在がどれだけむしむらさんを支えていたのかを、これまでブログを拝見していたなかで強く感じていましたので、私にとっても辛い知らせでした。
関係ない私まで、UPされるおぶるさんの写真で癒していただいたこともあったのですから・・・。
本当に猫さんは賢いですね。姿が見えなくなっても、きっとこれからもずっと支えてくれるのではないかな。
元気だしてくださいね。
mona * URL [編集] 【 2007/01/14 23:07 】
--- ---

久しぶりにのぞきにきたら・・・あっと声を出してしまいました。
むしむらさん元気出してね。心に開いた穴はふさぐことができないけれど、おぶるさんの思い出でいっぱいにしてください。きっとむしむらさんが帰るのを待ってがんばっていたんだろうね。私もとっても悲しくなりました。
yukacan * URL [編集] 【 2007/01/13 22:31 】
--- ---

はじめまして。いつも楽しくブログを拝見しています。
おぶるさんの様子を画面越しに見る(読む)と、いつも癒されました。直接会ったことはないけれど、おぶるさん、ありがとう。天国で、ゆっくり美味しいものでも食べてください。
むしむらさん、素敵な家族に出会えてよかったですね。またいつかおぶるさんに会えますよ。
少しでもお気持ちが楽になられますよう、願ってます。
しましま * URL [編集] 【 2007/01/13 11:25 】
--- ---

突然の事で言葉がありません…。
おぶるさんは、むしむらさんオットさんにとても大事にされて、幸せだったと思います。そして、おぶるさんもお二人のことをとても愛していたと思います。
 おぶるさんのご冥福を祈ります。。。
一ヵ月後にトルコに行きます。また、お話しましょうね。
ぺんぎんくん * URL [編集] 【 2007/01/13 00:41 】
--- ---

はじめまして。いつも、むしむらさんのイラストに癒されてました。私は犬を11年飼っていましたが、突然別れは来るのですよね。いつも傍に居るのが自然な事で、当たり前になっていました。辛い時、楽しい時、グチをこぼしても無条件の犬の笑顔に癒され、一番口の堅い友達でしたね。
何も出来なかったと思わないで・おぶるさんもむしむらさんに出会えて、幸せだったと思います。
今でも、ずーと「おぶるさん」は傍に居ますよ。
調を崩されない様にしてくださいね。
また、再開されるのを楽しみにしてます。
ピーチ * URL [編集] 【 2007/01/12 13:50 】
--- ---

私も昨年末、異常に気の合っていた義父が亡くなり、ポッカリと心に穴があいたままです。

いなくなっちゃったけど、どこかで私のことを見ていてくれているかも、と自らを慰めています。

むしむらさんも、どうぞ、あまりお疲れの出ませんように・・・。
しまふく * URL [編集] 【 2007/01/12 12:33 】
--- ---

とても残念です。でもおぶるさんは本当に大事にされ、愛されていたんだな、と思います。気持ちの整理がついて、またお元気になられてから再開してください。
アイシェ * URL [編集] 【 2007/01/12 07:30 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/206-055964b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。