スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
妖怪?幽霊?
トルコでは幽霊のことはあんまり話されません。
歴史はとても古いし、戦いに明け暮れた場所だったし、黒魔術も存在するから
幽霊話は絶対あるはずだ!
と思っていました。

探してみると以外にあるもんです。

その中で「カラバサン」の話し。
カラバサンは大体、丑三つ時にやってきます。
幽霊が出る=丑三つ時っていうのが、日本と同じで不思議な感覚です。

大体、丑三つ時に現れるらしい。


突然、息が出来ず目が覚めます。
かなり大きな手が、物凄い力で鼻と口を塞いでいます。

誰かが口をふさぐ


大きな手の正体をみると、
顔は解らず白い布のようなものを被っています。全身白ずくめ。
というか、白っぽい。

頭には白い帽子。
トルコの田舎で年配の男性がよく被っている帽子。
手にはテプシ。
テプシというのは数珠です。イスラム教でも数珠があります。日本のよりは長め。

トルコの妖怪(?)カラバサン


こんな感じかな?

驚いて手を払いのけようとしても、力が強いので無理です。
そのうち窒息死してしまいます。
トルコで突然死する人は、「カラバサンに出合った。」という人がいます。

でも

助かる方法があるんです。
そやつが被っている帽子か手にしている数珠を取るのです。
帽子か数珠をカラバサンから奪い取ると
途端に弱腰になって、「返してくれ」と言うのです。

しかーし。

そこでそのまま黙って返してはダメです。
黙って返すとまた口を塞がれて、今度こそ絶対に助かりません。

返す前に
「これ以降、私と私の家族に決して現れないと誓うなら、返してやる。」
と必ずこれを言います。
そうすると助かるのです。
「私」だけというとこれまたダメで、「私の家族」を入れないといけません。

これを聞いたとき、幽霊というよりは妖怪の類かな?
と思いました。

私はまだ出会っていません。
様相がトルコらしい、イスラム教らしいです。
私は異教徒なんで出会わないかな?

おっとちゃんは小さい頃、カラバサンに会ったそうです。
村のとある家に泊まったときに遭遇。
運良く帽子を奪う事ができたので、助かったといいます。
おっとちゃんが寝ていた直ぐ下には、先祖代々の遺体が葬られている「墓場」だったといいます。
先祖の上に家を建てるってのも、なんだかなぁ?文化なのか風習なのか・・・。
その村では「子孫と家を守るために」という理由だそう。
別の村ではまた違った文化があるのでしょうけど。

あんまし怖くはないです。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/05/05 17:18 】

| 絵日記 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<掃除の必須アイテム | ホーム | ペットフード>>
コメント
--- ---

*kokenkoさん
お数珠は仏教から来たんですか!
へぇ~~~!!
カラバサンは、私も金縛りと同じ?と思いました。

*アイシェさん
コメント、ありがとうございます。
観光シーズン到来ですね!フェティエは綺麗です。
貝殻をせっせと拾っていたのが懐かしい・・・。
イラスト(と呼べるものでもないんですが)褒めてくださってありがとう。
ぼちぼち更新ですんで、お暇なときに遊びに来てくださるだけでいいのです。ありがとう!
musmula * URL [編集] 【 2007/05/07 20:48 】
--- おひさしぶりです。 ---

本当にご無沙汰しておりました。。。マヌケな私はmusmulaさんの復帰に気づかぬまま今日に至っておりました。また楽しい絵日記を拝見できて、うれしいです(*^_^*)
また時々お邪魔しますので、よろしくお願いします。
ところで、カラバサンって本当はきっと恐ろしいはずなのに、イラストがあまりにかわいくて思わずお人形作っちゃいそうです。タタリありそう・・・
アイシェ * URL [編集] 【 2007/05/06 18:53 】
--- ---

お数珠は仏教からイスラム教に入ったとどこがで読みました。上のお話は日本でもよくある金縛りとおんなじ?
kokenko * URL [編集] 【 2007/05/06 12:03 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/214-81f88d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。