スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
また気がつけば
2日間書き込みしてなかった。
土曜日は青空市場へ出かけたけど、やっぱり4キロが限界です。
大きめのリュックを背負って、片道30分。
行きはヨイヨイ、帰りは怖いです。

****************************************

トルコ人のなかにはもう、ジンジロ、ジロジロ見る人がいる。
東洋人ってそんなにインパクトあるのかな?
男性の中には、ねっちょりなめるような目つきで見る奴がいる。頭の天辺からつま先まで。
あの目付きは駄目ですな。
背筋がゾワゾワしますです。
1人でトコトコ歩いていて、男性が何人かで座って話している。
やっぱし、見られるんやなー。話中断してよ、消えるまで見ているのよ。
緊張して足と手が同時に動きますです。だから余計に見られてしまうんやろうか。
女性でも、もう、おめー瞬きせんかいっ!というくらいに見る人がいる。
目付きがなんか、珍種発見!あれは何?といった感じ。
ずっと前、滞在ビザを申請しにネヴシェヒルの役場へ行ったときは、若い女性にそりゃーもう、凝視されました。
あれは、ほんと参った。
でっかいおっさんの後ろにさりげなく隠れても、奴は位置をずらして見つめてくる。最低30分は凝視されていたな。
あれは、一体なんなんやろう?「話そうかな?声掛けようかな?」といった雰囲気は微塵も感じられなかった。
あれから、トルコ人凝視恐怖症になったと思う。
日本では人をジロジロ見ては失礼です。と教えられてきたから、逆に「なんでこんなに見るのかな?失礼じゃない?」と酷くストレスを感じてしまった。
声、掛ければいいのに。通じるか通じまいか別にしてさー。
まともに凝視しなくても、影からこっそりとかあるだろうに。
トルコに住んでいる日本人の方の中には、トルコ人の視線が嫌。っていう人いないかな?
それとも、私が神経質なだけかも。

そう、テレビを見ていて女優さんとか、歌手、タレントなんてよくできるな。と思う。
私は駄目です。って、年齢が高すぎるから、どこからも声が掛からないけど。

子供の中でも、もう、珍種発見視線を送ってくる子供もいれば、笑顔で見る子供もいます。
やっぱり、笑顔でしょう。
自然にこちらも笑顔になります。
トルコでは、「人をジロジロ見てはいけません。」って親や学校から教えられないのかな?

トルコのおっさんやおばちゃんは、そうでもない。かな?
おっさんはジロジロ見るような事はしないな。
なので、気が楽です。
あんましジロジロ見られると、「ヘマしないかな?ヘマしたらオットちゃんや、義妹、舅姑が笑われるなー。」とおかしなことを考えてしまう。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2005/09/20 02:11 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<お守り | ホーム | ベリーダンス>>
コメント
--- ええなぁ、その文句 ---

「何見てんねん!アタイの堪忍袋という名の宝石箱が、怒りのジュエルではちきれそうだぜぇ!」
すばらすぃ!
頑張ってトルコ語にしてみよう。
皆びびりますぜ、にゅげさん( ̄ー ̄)v ブイ!
musmula * URL [編集] 【 2005/09/21 02:01 】
--- おっちょさん! ---

書き込みありがとー!
掲示板のほうにこのブログアドレス貼りたかったのに、エラーばっかりでてしまって、やむを得ずメールしてしまいました。
おっちょさんのご主人からは、凝視はいけないって教えられたんや!
うちとこは、「べつにー。」という返事やったから、これはもう、個人的なものになるのね。
オットちゃんからも、「ヨメは気にしすぎ!」といわれるけど、まあ、仕方なし。
musmula * URL [編集] 【 2005/09/21 01:59 】
--- こんにちは ---

yukacanさん。
一昨日からコメントくださってたのに、お返事できなくてごめんなさい。
大都会でもそうなんですか?大都会やと、淡々としたものと思ってました。
おっさんも見ますか・・・。おばちゃんは凝視する人いますねー。

musmula * URL [編集] 【 2005/09/21 01:54 】
--- はじめまして! ---

yamurさん。
書き込みありがとうございます!
プロフの猫はおぶるといいまして、♂です。
もう、かわいすぎてメロメロです。
奴を紹介したいがためにブログを立ち上げたと言っても過言じゃありません。
トルコ人視線苦手な方がいらした!
よかった~。私だけかな?と悩んでおりました。
ブログの方にも遊びに来ます。
musmula * URL [編集] 【 2005/09/21 01:50 】
--- ---

む~、それはイカンよ。楽しい海外ライフが台無しだね。そういう時は大きな声でこう言ってやろう。
「何見てんねん!アタイの堪忍袋という名の宝石箱が、怒りのジュエルではちきれそうだぜぇ!」
これをまずトルコ語で習得。ガンバレw
にゅげ * URL [編集] 【 2005/09/20 22:27 】
--- 私、逆なんです。 ---

どもども、カッパドキアンライフのおっちょデス。
私、前にも他で書いたかもしれないんだけど、
ずっと逆のストレスを抱えていたの。
あのね、私は小さい頃から「話をする時は相手の目をちゃんと見なさい」ってしつけられてて、大人になってからも仕事柄(音楽事務所のマネージャーやってたので)相手を強く見つめて話す癖があって、もうこれは無意識なんでどうししようもない習性だったのねん。
で、こっちに来たら、「相手をあんまり強く見るな、あゆっぷおるる」って旦那に叱られて、特に相手が男性の場合、誤解されかねないって脅かされて…。
実際、一度、旦那の友人と話していて、突然相手の男の子がパっと赤面して逃げる様に席を移って行った事があって、その後、旦那に「なんで君の奥さんは僕をあんなに注視するんだ?」って聞いてきたの。
無意識の事だったので、そう言われて私が赤面する羽目になったなり。
それから常に意識して相手を見つめない様に気を付けてるけど、それでも時々やっちゃう。
トルコでは相手をじっと見るのは大変失礼な事だって、旦那からも家族からも教わったから、そうなんだって思ってた。
パザールでも路上でも私はそんなに視線って感じた事マジでないの本当に。
おっちょ * URL [編集] 【 2005/09/20 19:13 】
--- ジャポン ---

ほんとにああいう人たちには、何かぐさっと恥ずかしがらせるような
言葉を言い返したいと、研究しているのですがまだ見つからない。
イズミルほどの町でもいまだに聞こえよがしに「ジャポンか?」
「ああ、ジャポンだな」とオヤジ同士で確認しあったり、知ったかぶりして
「彼女はジャポンだと見たね」などなど・・・・。夫がいる時はすぐに
「彼女はあんたよりもよっぽどトルコ人だ、心配するな」とか
言い返すので、笑っていられるのですが一人だとねえ。私も一人で
歩くの嫌い。子供も直接話しかけてくる子には、こちらも楽しく返事が
出来るのに、大声で親に「ジャポンか?中国人か?」と聞いたりしている
ガキがいると私も聞こえるように「トルコじゃこういうしつけをしないの?」と夫に話しかけたりしていますが・・・。何言ってもcahilなトルコ人には
「カエルの面に小便(失礼、ayipだ)」なんですよねー。けっ!

おっさん、じろじろ見るよー。オババもすごい人います。
yukacan * URL [編集] 【 2005/09/20 06:36 】
--- ---

初めまして。yukacanさんのところから遊びに来てしまいました。
プロフの猫ちゃん、かわいいですね!
(トルコに来てから……特に凝視する男性の視線からは、
必死に逃げるようにして暮らしています。f^^;
女性でも朴訥な感じの人は遠慮なくじろじろ見る人もいますよね。
ちょっと……私も苦手かも。)
yagmur * URL [編集] 【 2005/09/20 06:34 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/54-c2dcaf3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。