スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
老夫婦のこと
すっかり寒くなってしまった。
日差しも弱くなって冬の気配が。
オットちゃんが勤めている建物の2階は老夫婦が住んでいる。
ギリシャの方で時々ギリシャ語で話をしている。
老夫婦にはちょっとした悩みがある。
老夫婦には息子3人がいて、その全員は結婚して近くに住んでいるのだけれど、あんまり遊びに来てくれないみたいなのだ。
老夫婦はもう70歳くらい。冬のストーブ用の薪割りも体力的に辛いらしい。
嫁に来て手伝って欲しい。でも、誰も手伝ってくれない。と言っていた。
土地を渡すまでは、皆優しかったのに・・・と言う。
自分達の土地を広げてきて、その土地を3人の息子に分けるときに、問題が生じたらしい。
末の息子に与えた土地が、ほんの少し小さかった。
2人はお祈りの時に使う絨毯のサイズ(正座して前に手を付いてかがむ姿勢をとるくらいのスペース)くらいの土地の違いでは問題は起こらないやろうと思っていたらしい。
がっ、末っ子は怒り狂ってしまった。
「俺は今まで、兄さんたちの下でなんでも我慢してきたのに。だから土地は多めに貰えて当然と思ってた。」
それから絶縁状態が続いている。
孫が出来たと聞いて、おばあちゃんは会いたくて仕方がない。でも行ったら門前払い。町で顔をあわせても無視。なんだそうだ。
「昔はあんな子供達じゃなかった。嫁にたぶらかされたんだ。」とおばあちゃんは言う。
「何のために一生懸命働いて、息子達の幸せを考えてよかれと思ってしたことなのに。」とおじいさんは言う。
おばあちゃんの「嫁にたぶらかされた。」と言うのはあらら。と思ったけど、男は女によって変わる人いるからなー。ありうる。
そのおばあちゃんとうちの姑は仲が良いらしく、(私は最近知った。)姑は私の自慢話をするのだそうだ。(でも、その一件を姑が聞いてから、自慢話はしなくなった。)
おばあちゃんはいつも、「カイナナ(姑の意味)は優しい?」と聞いてくる。
姑とは問題ナッシングなので、「優しいです。旨くいっています。」と答えるとおばあちゃんは寂しそうになる。
「***ちゃん(姑の名前)もね、ヨメちゃんはホントによくやっている。って言ってる。いいなー。」
こういう相続問題って実際経験したこともないし、テレビのドラマ(火サスとか土曜ワイド)でしか見たことがないから、ついつい他人事のように思ってしまう。
金持ち過ぎても駄目だし、貧乏すぎてもアカンのやなー。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【 2005/10/20 18:50 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<さっぱりしました | ホーム | 病院へ行く>>
コメント
--- ---

>yukacanさん
お気遣いありがとうございます。
鼻は左の方が完全に詰まってしまって、右だけ鼻うがいしてます。
カルプギョズやスルラルドゥンヤスは実話を元に作られてるドラマらしいですよ。だから、眉毛つりあげて、キーキー言ってるヨメさんとか意地悪姑なんかは実在するのだ!
事実、うちとこの兄嫁と姑間は凄い。書くのも恐ろしいくらい。

>zeynepさん
人はお金でこうも簡単に変わってしまうのやね。悲しい世の中です。
孤児院出身の人、恩を仇で返すとは!今に罰があたりますです。
年取ってからお金が無いのは辛いなー。

>akikoさん
そんな微々たる違い、かぼちゃ1個も収まらないスペースなのにもめるのかと驚きましたよー。
子供ができたら、「わたしらは財産がない。」と言い聞かせよう。
でも、今はそう思っても、子供が出来たらやっぱり財産あげたいとおもうんやろうな。


musmula * URL [編集] 【 2005/10/21 14:57 】
--- ---

私もアンネと問題がないので、ラッキーです。トルコの嫁姑問題は、結構キツイですしね。罵倒されたりしたら立ち直れないかも。

財産なんて、元々ないもの思っていればこんな揉め事はないでしょうにね…。って無理かしら。トルコの人って、家とか財産への執着が大きいように思いますが、それは日本も一緒かしらね?ちょっと位土地が小さくても良いじゃないの?って思うんですけど、そんなに怒るほどのことなんでしょうか。。。

うちなんて、別に結婚反対されたわけじゃないんですが、トルコに嫁に行く時に、「全部○○(弟)にあげるよ」って言い渡されました。帰る予定もないし、それで結構です。と私も納得済み。
親の面倒をこの先みていくのは弟だし、私は一人勝手にさっさと家を出ちゃった身分だし。
なんだか論点ずれてしまいました、スミマセン。
akiko * URL [編集] 【 2005/10/21 02:40 】
--- ---

財産相続・・・もめるらしいですよ。でもトルコだけじゃなくて、日本も意外に多いそうです。
 前にテレビでやっていたけれど、子供のいないご夫婦が孤児院から子供を引き取って育てたそうです。だけど、その息子は結婚し財産相続した後、その育ててくれた老夫婦をSokakにatti! 作り話かやらせじゃないのかと思ったけれど、どうやら本当のことみたいでした。
 musmulaさんもおっしゃってるように、男って女によって変わる人がいるんですよねぇ。これ、困り者です。年取ってから、お金ないのって、シンドイなぁと思いますよ・・・。
zeynep * URL [編集] 【 2005/10/21 01:19 】
--- ---

鼻はどうですか?鼻うがいしていますか。トルコの病院、医療技術はまあまあだけど看護婦不足とか医者以外の病院勤務者の知識の無さが問題ありそう。社会保険の病院とか行くとホントに健康じゃないと目的地まで到達できないような気がしてきますね。診察室には順番待ちの家族が勝手に入っていっちゃうしなあ。musmulaさんも一度日本で納得の行く説明が受けられたら安心なんだけどね。健康が一番大事ですね。

でこの老夫婦のところは、kalpgozuとかsirlardunyasiに出てくる嫁みたいなのかなあ。番組を見ながら「こんな嫁(または姑)ありえない!」と夫に言うと「あるある」と言います。私も近所の人と話していると「kaynanaとの間はどお?」と聞かれます。「うまくいってないのー」なんて言ったら喜んじゃうのかしら。うちも幸いアンネとの間は全く問題ないの。ラッキーなのかな。
yukacan * URL [編集] 【 2005/10/20 22:43 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/67-293e41a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。