スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
20050402.jpg


4月に入って雪が降りました。
暖かい日が続いていたから、春が来た♪と思っていたら大間違い。
( ´△`) アァ-

カッパドキアは空気が綺麗なためか、結晶のまま雪が積もります。
寒いから、雪が降っている途中で結晶は氷になる。とテレビで見たことがあります。どっちにしても、結晶は綺麗です。
写真のは、窓の縁に積もり始めた雪です。結晶を撮ろうと思って窓を開けました。部屋の暖かい空気が流れ出たため、結晶の形が崩れてしまいました。

冬のカッパドキアは本当に幻想的です。
夜はもっとです。
周りは静まり返り、雪の降る音が聞こえるくらいです。深々と雪が降る中、遠くから聞こえるエザーン・・・。(エザーン=イスラム教のコーラン、お経)
周りは真っ暗やないんです。全体的にちょっと青みが掛かかってるんです。なんともいえない美しさです。
空から降る雪をクソ寒いけど、窓開けてずっと見ているときもあります。
コジャに「風邪引くで。」と怒られますが。

でも、夜が明けると幻想的世界は一気に恐怖の世界と化します。
というのは、積もった雪はアイスバーンになるからです。
カッパドキアの人達は慣れているから、普通の靴でとっとこ歩いていますが、あぶはちはムリ。
こけまくりです。
おっかなびっくりで歩いているから、いつも皆に笑われてしまいます。
(/ω\) ハジカシー

スポンサーサイト
【 2005/04/02 08:31 】

| トルコの日常(文章のみ) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アナドールガス | ホーム | キョフテ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cappadocia.blog9.fc2.com/tb.php/7-905a33c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。